ボルィースピリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボリスピリから転送)
移動: 案内検索
ボルィースピリ
Бориспіль
Borispil aerea.jpg
夕方のボルィースピリ
Coat of Arms Boryspil.png
市章
座標 : 北緯50度21分4秒 東経30度57分3秒 / 北緯50.35111度 東経30.95083度 / 50.35111; 30.95083
行政
ウクライナの旗 ウクライナ
 行政区画 キエフ州の旗 キエフ州
 市 ボルィースピリ
地理
面積  
  市域 37.01km2
人口
人口 (2004年現在)
  市域 55 000人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間UTC+2
夏時間 東ヨーロッパ夏時間UTC+3
郵便番号 08300-08307
市外局番 +380-4495
ナンバープレート CE
公式ウェブサイト : http://www.borispol-rada.gov.ua/

ボルィースピリ(ウクライナ語:Бориспіль;意訳:「ボルィースの町」)は、ウクライナキエフ州東部における都市キエフ州ボルィースピリ地区の中心。キエフの南東に位置する。ウクライナ国内で最大の国際空港であるボルィースピリ国際空港の所在地。

歴史[編集]

ボルィースピリの歴史は11世紀に遡る。当時この地名は「レートチ」・「リトー」・「オルトー」と呼ばれ、キエフ・ルーシに属し、1015年に聖ボルィス公が暗殺された場所として『ルーシ年代記』に登場する。さらに、年代記の1154年条にはこの地名はレートチ城として見え、13世紀モンゴル帝国の侵略によって全滅される。それ以後、ボルィースピリの地域はリトアニア大公国ならびにポーランド・リトアニア共和国の領土となる。

16世紀前半に当地はキエフの荒地ムィクィーリシクィイ修道院の所有地となり、初めて「ボルィースピリ」と呼ばれるようになる。1590年の史料では「ボルィースピリ町」という地名が見え、コサックの頭領ヴォーイテフ・チョノヴィーツィクィイの支配下に置かれている。1596年にポーランド王ジグムント3世はボルィースピリを王領とし、後に自治権を与える。

17世紀にボルィースピリは貴族のジョルケヴスキー家の所有町となってウクライナの大きな都市の一つとして発展していく。1648年から1657年の間にフメリヌィーツィクィイの乱が勃発すると、ボルィースピリはコサック国家ペラヤースラウ連隊百人隊地区の都市となる。

1802年にボルィースピリ町はロシア帝国ポルタヴァ県ペラヤースラウ郡ボルィースピリ郷の中心となる。さらに1956年からウクライナ・ソビエト社会主義共和国のボルィースピリ地区の中心都市を経て、1994年ウクライナのキエフ州特別都市となる。

経済[編集]

外部リンク[編集]