ボラシシ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボラシシ
66652 Borasisi
仮符号・別名 1999 RZ253
分類 太陽系外縁天体
軌道の種類 エッジワース・
カイパーベルト

キュビワノ族
発見
発見日 1999年9月8日
発見者 C. A. トルヒージョ
J. X. ルー
D. C. ジューイット
軌道要素と性質
元期:2010年1月4日 (JD 2,455,200.5)
軌道長半径 (a) 44.086 AU
近日点距離 (q) 40.013 AU
遠日点距離 (Q) 48.159 AU
離心率 (e) 0.092
公転周期 (P) 292.73
軌道傾斜角 (i) 0.56
近日点引数 (ω) 200.52 度
昇交点黄経 (Ω) 84.72 度
平均近点角 (M) 46.87 度
前回近日点通過 1971年頃
次回近日点通過 2264年頃
衛星の数 1
物理的性質
直径 166 km?
質量 (2.39 ± 0.48)
×1018 kg
平均密度 約1 g/cm3
絶対等級 (H) 5.8208
アルベド(反射能) 0.12/0.17
色指数 (B-V) 0.820 ± 0.170
色指数 (V-R) 0.646 ± 0.058
■Project ■Template

ボラシシ (66652 Borasisi) は、キュビワノ族の太陽系外縁天体。1999年にマウナケアで発見された。

2003年4月23日にハッブル宇宙望遠鏡 (HST) を用いた観測によって衛星が発見された。2001年11月9日のHSTによる観測でも衛星の存在が示唆されていた。二つの天体はほとんど同じ大きさ(直径の比率が0.83)であるため、二重小惑星と見なすことも出来る。

2003年9月に軌道が確定し、小惑星番号66652を付された。2007年9月26日に主星はボラシシ、衛星はパブと命名された。これらはカート・ヴォネガットの小説『猫のゆりかご』に登場する架空の宗教「ボコノン教」において、それぞれ太陽を意味する言葉に由来する。『ボコノンの書』によると〈パブ〉は〈ボラシシ〉に抱かれて地球やその他の惑星を生んだという。ただし、『ボコノンの書』にはそれらは〈フォーマ〉(嘘っぱち)だとも書かれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]