ボヤイの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボヤイの定理(―のていり、Bolyai's theorem)またはボヤイ=ゲルヴィンの定理 (Bolyai–Gerwien theorem)は、1833年ボヤイ・ファルカシュによって示された『面積の等しい二つの多角形A,Bが存在した時、Aを有限回分割し組みなおすことで、Bと合同な図形を作ることが出来る』という定理である。

この問題を三次元に拡張した予想がヒルベルトの23の問題の第3問題に挙げられていたが、1900年に否定的に解決された。