ボボジャン・ガフーロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガフーロフ生誕90周年を祝って発行された50ソモニ

ボボジャン・ガフーロヴィチ・ガフーロフラテン文字: Bobojon Ghafurovich Ghafurov、タジク語: Бобоҷон Ғафуровペルシア語: باباجان غفورف‎、ロシア語: Бободжан Гафурович Гафуров1908年 - 1977年) は、タジキスタン歴史家研究者である。ガフーロフはロシア語タジク語で「タジキスタンの歴史」や「タジク人」といった複数の書籍を出版している。ガフーロフはホジェンド付近にある村で生まれた。彼は1941年にモスクワの歴史研究所所属時、「イスマーイール派の歴史」というタイトルの学位論文でソビエト連邦科学アカデミーから博士号を取得した[1]。1944年から1946年まで、ガフーロフは第二書記となり、1946年8月から1956年5月24日まではタジキスタン共産党第一書記を務めた[1][2]。1956年から亡くなるまで、ガフーロフはソビエト連邦科学アカデミー東洋研究所の主任、及びアジア・アフリカジャーナルの編集者を務めた[1]。タジキスタンのソグド州にあるガフーロフ英語版という街とガフーロフ地区英語版という地区の名前は彼の功績を讃えて名付けられたものである。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Iraj Bashiri, Prominent Tajik Figures of the Twentieth Century, International Borbad Foundation, Academy of Sciences of Tajikistan, Dushanbe, 2003.
  2. ^ Leaders of Tajikistan in XX-th century (1924 – 2000)”. unece.org. 2013年3月30日閲覧。