ボビー・スケールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・スケールズ
Bobby Scales
Bobby Scales.jpg
2012年7月8日、QVCマリンフィールドにて
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州サウスフィールド
生年月日 1977年10月4日(37歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 二塁手外野手三塁手
プロ入り 1999年 MLBドラフト14巡目
初出場 MLB / 2009年5月5日
NPB / 2011年7月7日
最終出場 MLB / 2010年10月3日
NPB / 2012年9月26日
年俸 2,000万円(2012年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ボビー・レオン・スケールズBobby Leon Scales , 1977年10月4日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

主な守備位置は二塁手であるが、外野手三塁手を務めることもできる。

経歴[編集]

ミシガン大学出身。1999年6月11日、メジャーリーグドラフト会議においてサンディエゴ・パドレスから14位(全体の442番目)で指名された。ミシガン大学在学中は、ウエストコースト・リーグ(夏季大学野球リーグ)のコーバリス・ナイツでプレーした。

2003年にAAA級ポートランド・ビーバーズに昇格。以後、2006年フィラデルフィア・フィリーズ2007年ボストン・レッドソックス2008年シカゴ・カブスの各傘下マイナーに所属した。

2009年5月4日にカルロス・ザンブラーノが15日間の故障者リスト入りしたことでメジャーに招集され、翌5日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で31歳にしてデビューした(七番・二塁手として先発出場)。メジャー初打席時の相手投手は、前年のナショナル・リーグサイ・ヤング賞を受賞したティム・リンスカムだった。メジャー初得点は、同じ試合で5回裏にショーン・マーシャル適時打の際に記録された。5月8日にはメジャー初三塁打をデイブ・ブッシュから、12日にはメジャー初本塁打をエドウィン・モレノ(パドレス)から記録した。14日のパドレス戦では2本の二塁打で4打点を稼いでいる。5月27日に一旦AAA級アイオワに戻されるが、翌日には再びメジャーに復帰した。

2011年6月27日、北海道日本ハムファイターズと契約した。背番号は2。日本ハムは正二塁手の田中賢介が左足距骨を骨折し、同年シーズン中の戦線復帰が絶望視されていたため、二塁を守れる選手の緊急補強の必要に迫られていた[1][2]。当初は3割を超える安定した成績を残していたが、9月には月間打率.193、OPS.541と調子を落とし、守備にも難が見られたことから契約は更新されず、12月1日に退団が決まった。

2012年1月27日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。その後、メッツ傘下3Aバイソンズへ移籍。

同年5月18日、打撃不振に悩むチーム事情のテコ入れ[3]、また不動のセンター坂口智隆の長期離脱により外野が手薄となったこともありオリックス・バファローズと入団合意に達し[4]、20日に入団を発表した[5]。背番号は4。日本ハム時代は内野として起用され、オリックスでも内野手登録ではあったが、実際は専ら外野手として起用された。5月25日の対広島戦で1番・レフトで初出場すると、以降は主に1番または3番で起用される。序盤は粘って四球で出塁する等の好成績を残していたが、徐々に調子を落としていった。最終的に成績は出塁率.373と高出塁率を誇り選球眼は健在であったが、6月26日の対ソフトバンク戦では1試合5三振を記録する等途中入団ながら103三振をマークし、得点圏打率は.232と好機での凡退が目立ち、打率.262、5本塁打23打点と物足りない成績に終わった。また、外野守備も打球判断の悪さ等の難もあり、9月26日の試合終了後に来季構想外となり、退団することが発表された。10月26日、自由契約公示された[6]。 その後は現役引退し、アナハイム・エンゼルスのファームディレクターとして再出発する模様[7]

人物[編集]

カブス時代(2010年3月11日)

オフシーズンには、ジョージア州の高校で非常勤講師をしている[2]。また、モニカ夫人は健康社会学の博士号を取得している。

日本でチームメイトとなったマイカ・ホフパワーはカブスでも同僚であり、スケールズのMLBデビュー戦にも五番・左翼手として先発出場している。

日本ハムのチームメイトやファンからはスケさん水戸黄門の登場人物、佐々木助三郎の愛称に因む)と呼ばれている。なお、日本ハムの私設応援団「全国闘将会」は、スケールズへの応援歌として、2007年に日本ハムに所属していた外国人で同じ二塁手のアンディ・グリーンのものを歌詞を変更した上で使用していた。オリックス時代も引き続き「スケさん」の愛称で親しまれ、登場曲もスケさんにちなんで水戸黄門の主題歌であるああ人生に涙ありが使用された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 CHC 51 138 124 15 30 8 2 3 51 15 0 0 0 1 11 1 2 32 5 .242 .312 .411 .723
2010 10 20 13 4 4 0 0 0 4 2 1 0 0 0 7 0 0 5 0 .308 .550 .308 .858
2011 日本ハム 80 317 287 34 75 11 0 9 113 30 2 0 0 1 25 0 4 103 3 .261 .328 .394 .722
2012 オリックス 85 362 305 42 80 16 3 5 117 23 4 1 0 2 47 1 8 103 3 .262 .373 .384 .757
MLB:2年 61 158 137 19 34 8 2 3 55 17 1 0 0 1 18 1 2 37 5 .248 .342 .401 .743
NPB:2年 165 679 592 76 155 27 3 14 230 53 6 1 0 3 72 1 12 206 6 .262 .352 .389 .741
  • 2012年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 24 (2009年)
  • 19 (2010年)
  • 2 (2011年途中 - 同年終了)
  • 4 (2012年途中 - 同年終了)

登場曲[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]