ボビー・ジャスパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボビージャスパー(Bobby Jaspar 1926年2月20日- 1963年2月28日)はベルギーリエージュ出身のクール・ジャズやハード・バップのサックス奏者、フルート奏者、作曲家。

人物[編集]

非常に若い年齢でピアノとクラリネットを習得。その後、テナーサックスとフルートの演奏に力を入れた。

「バップ・ショット」バンドで、彼はジャズの世界で彼の最初の録音をした。

1950年に、ジャスパーはパリに引っ越し、当時の最高のミュージシャンとレコーディング。ここで彼は彼の未来の妻、ブロッサム・ディアリーと面会する。

1956年にジャスパーはジャズ界での彼の評判から米国で彼の運を試すように説得された。

彼は演奏し、JJジョンソンと、ケニー·バレル、マイルス·デイビス、ジョン·コルトレーン、秋吉敏子、ドナルド·バードや他の多くの人間と共演した。

1961年に、ジャスパーはコンサートのシリーズと録音の数年間の後、ヨーロッパに戻った。

彼の同僚、ベルギーのギタリストであるルネ·トーマスとクインテットを結成し、成功を収めた。

いくつかのセッションではアメリカのトランペット奏者(チェット・ベイカー)との強力なセクステットに拡大した。これらのセッションの1つは、不死化したアルバム『チェットが帰ってきた』(1962年)だ。

1963年2月28日にニューヨーク市にて、ジャスパーは37歳の若さで心臓発作により死亡した。

盤歴[編集]

  • フルートフライト(リバーサイド、1957年) -ハービー·マンと
  • フルートスフレ(リバーサイド、1957) -ハービー·マンと
  • ロニー·スコットでのボビー·ジャスパー·カルテット(カセット、1962) -
  • パリ - (DRG、1990)
  • ディックの記憶 - (ポリグラム、1991)
  • Phenilイソプロピル・アルコールとアミン - (ポリグラム、1991)
  • ボビー・ジャスパー・ウィズ・ジョージ・ウォーリントン+1 (アイドリース・シュリーマン、ジョージ・ウォーリントン、 ウィルバー・リトルと。 OJC、1994)
  • ボビー·ジャスパーと彼のモダン·ジャズ - (ヴォーグ、1999)
  • ボビー·ジャスパー· アンリルノー - (ヴォーグ、2000)
  • パリのジャズ-モダンジャズ@クラブ・サン・ジェルマン金曜日 - (Gitanes、2001)
  • フルートフライト - (OJC、2003)(ハービー·マン&ボビー·ジャスパーが共同で)
  • 友達とボビージャスパー - (フレッシュサウンド、2004)(マンデル·ロウ&ルネ·トーマス)
  • Clarinescapade - (フレッシュサウンド、2007)
  • ジュー·デCARTES - (ユニバーサル、2008)
  • 完全録音:JJジョンソン ·クインテットとボビージャスパー - (フレッシュサウンド、2009)(2CD)
  • 再考 - (伝統アライブLLC、2010)
  • モダンジャズ・クラブ - (ユニバーサル、2010)ケニー·バレルと
  • 夢のウィーバー(コロンビア、1960から1961年)ミルト·ジャクソンと
  • バッグ&フルート(大西洋、1957)プレステージオールスターズと
  • 2つのトランペットと2つのテノールのための相互作用(プレステージ、1957)

外部リンク[編集]