ボビー・ケッペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・ケッペル
Bobby Keppel
シンシナティ・レッズ(マイナー)
Bobkeppel.JPG
マイナー時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス
生年月日 1982年6月11日(32歳)
身長
体重
196 cm
97 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト1位(ニューヨーク・メッツ
初出場 MLB / 2006年5月25日
NPB / 2010年3月22日
最終出場 NPB / 2013年9月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロバート・グリフィン・ケッペルRobert Griffin "Bobby" Keppel , 1982年6月11日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州出身のプロ野球選手投手)。現在は、MLBシンシナティ・レッズの傘下AAAのルイビル・バッツに所属している。

経歴[編集]

メッツ時代[編集]

2000年MLBドラフト会議にて、ニューヨーク・メッツに1巡目(全体36位)で指名された。マイナーで6シーズンプレーした。2005年5月16日に放出された。

ロイアルズ時代[編集]

2006年2月1日にカンザスシティ・ロイヤルズと契約し、同年5月25日にメジャーデビュー。8試合に登板するが0勝4敗に終わる。10月15日にFAとなった。

ロッキーズ時代[編集]

2006年11月10日にコロラド・ロッキーズと契約。2007年は4試合の登板にとどまり、その後3Aでプレー。

マーリンズ時代[編集]

2007年11月5日にフロリダ・マーリンズと契約。3Aでプレーし、メジャー登板なしに終わる。2008年11月3日にFAとなった。

ツインズ時代[編集]

2008年12月15日にミネソタ・ツインズと契約し、2009年6月にメジャー昇格。リリーフで37試合に登板し、10月6日のシーズン最終戦(同率首位で並んだデトロイト・タイガースとのワンゲームプレーオフ)でメジャー初勝利を挙げた。この試合は延長11回表途中から8番手として登板し、12回表に1アウト満塁のピンチを招くが無失点で切り抜け、12回裏にチームがサヨナラ勝ちし地区優勝を決めた劇的な試合だった[1]

2010年1月5日に放出された。

日本ハム時代[編集]

2010年1月7日北海道日本ハムファイターズと2年契約を結んだ[2]3月22日、開幕3戦目の福岡ソフトバンクホークス戦に先発したが左脇腹を痛め、僅か17球で1回終了後に降板。左内腹斜筋の軽度の挫傷と診断され、3月24日出場選手登録を抹消された。4月8日に再登録され、東北楽天ゴールデンイーグルス戦に先発。6回4失点で来日初勝利を挙げた。5月12日阪神タイガースとの1回戦で、9回2失点で来日初完投を決めた。前半戦は不調なチームを引っ張り、交流戦では4勝を挙げるなどダルビッシュ有武田勝とともに先発陣の柱としてローテーションに加わった。夏場以降は背中の痛み[3]などや、不運な負けも多く勝ち星こそのびなかったものの、12勝8敗防御率3.35と好成績を収めた。奪三振は少なかったが158.2イニングを投げ被本塁打は10本に抑えた。

2011年東北地方太平洋沖地震が発生した際に日本を勇気づけたい理由からアメリカに住む家族を呼びよせた[4]3月20日のインタビューで「一番大事なのは被災者の助けになるような投球をすること」とコメントを残した[5]

開幕第4戦に先発するも5回と0/3を投げ4失点であった。シーズン後半は打ち込まれるケースがあったものの、14勝、防御率3.22、投球回数162イニングと前年度を上回る成績を収めた。シーズン中はダルビッシュ有、武田勝に次ぐ3番手投手として活躍した。オフにブライアン・ウルフと同時に球団最速で契約更新を行った。

2012年は開幕から2試合を投げたのみで右肩を痛め一軍登録を抹消された。6月には痛めた右肩の手術を行い、残りのシーズンはリハビリに専念した。

2013年、この年は2勝5敗に終わり、9月25日に球団から退団が発表された[6]

レッズ傘下時代[編集]

2014年1月11日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ[7]

選手としての特徴[編集]

平均球速約144km/h[8]、最速153km/hの速球スライダーチェンジアップ、さらにカットボールツーシームシンカーなどの打者の手前で微妙に変化する球種を操り、打たせて取るピッチングを得意とする。

人物[編集]

11歳の時に少年野球のミズーリ州選抜の一員として来日したこともあって[9]日本に興味があり、日本でプレーすることを決意した。

親日家であり、東日本大震災復興支援試合で自分が日本に対して興味を持った理由や日本に対する愛情などを語った[10]。 

温厚で真面目な性格で、チームの中にすぐに溶け込んだ。

記者にも誠実に答える人物であり、日刊スポーツの本間翼がインタビューした際に「1年間取材していただいてありがとうございました。私は日本語の新聞を読めませんが、成績がいいときも調子が悪かったときも、好意を持って記事を書いていただいたと聞いています。ファンとのコミュニケーションの1つは新聞です。その橋渡しとなっていただき、ありがとう」と答えた[11]

家族が帰国している際には、本人はあまり朝に強いわけではないが、家族とコミュニケーションを取るために、毎朝7時に起きてインターネットカメラで家族と会話しながら朝食(アメリカにいる家族は夕食)を摂っている[12]

夫人が第三子の長男を出産する際にシーズンを大切にしたい意向から夫人の出産には立ち会わず、国内に残った。

球団内の人望が厚く、外国人選手の中ではリーダー格であると言う[13]。2011年オフには外国人では異例の選手会役員に選ばれ、特別アドバイサーに就任した[14]

焼肉が好物である。日本人には抵抗のある人が多いとされる1人焼肉も平気であり、実際に独りで焼肉屋に行ったことがある。その話を聞いた同僚の武田勝は「僕でも1人では焼肉は無理で、したことがない。でもアイツはすごい」と語った。因みに内臓系の肉は苦手である[15]

2013年7月14日の復帰登板で5回2失点で好投し、降板した際、リハビリ担当の中垣トレーニングコーチに「自分もこうして投げられたので、一緒に復帰を目指した(斎藤)佑樹に渡してください」と斎藤佑樹にエールを送った[16]

退団の際に監督の栗山英樹は「自分が監督になる前からファイターズに貢献してくれて、けがをしたままチームを離れることは避けたかった。マウンドに上がれる状態にしてあげられたことが何よりで、ケッペルの野球人生がこれからも良きものになるよう祈っています」とコメントした[17]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 KC 8 6 0 0 0 0 4 0 0 .000 157 34.1 45 6 15 2 1 20 0 0 21 21 5.50 1.75
2007 COL 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 20 4.0 6 1 3 0 0 1 0 0 5 5 11.25 2.25
2009 MIN 37 0 0 0 0 1 1 0 4 .500 242 54.0 63 4 21 2 5 32 2 0 30 29 4.83 1.56
2010 日本ハム 25 25 2 1 0 12 8 0 0 .600 669 158.2 156 10 53 1 9 85 7 0 67 59 3.35 1.32
2011 26 26 0 0 0 14 6 0 0 .700 695 162.0 162 10 56 1 12 66 1 0 66 58 3.22 1.35
2012 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 31 6.0 12 0 2 0 0 2 0 0 6 6 9.00 2.33
2013 8 8 0 0 0 2 5 0 0 .286 171 36.2 41 3 20 0 4 16 1 0 28 25 6.14 1.66
MLB:3年 49 6 0 0 0 1 5 0 4 .167 419 92.1 114 11 39 4 6 53 2 0 56 55 5.36 1.66
NPB:4年 61 61 2 1 0 28 20 0 0 .583 1566 363.1 371 23 131 2 25 169 9 0 167 148 3.67 1.38
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB投手記録

背番号[編集]

  • 22 (2006年)
  • 25 (2007年)
  • 44 (2009年)
  • 31 (2010年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ Oct 6, 2009, Tigers at Twins Play by Play and Box Score
  2. ^ 新外国人 ボビー・ケッペル投手 契約のお知らせ
  3. ^ 北海道新聞 「中11日」のケッペル、背中の痛み治らず 投球に影響
  4. ^ 4月20日放送の情報プレゼンター とくダネ!の特集コーナー「フカボリ」より
  5. ^ スポニチ 野球 “日本残留”ケッペル「球団が今の状況を包み隠さず話してくれているし」
  6. ^ a b c d e f ケッペル選手退団のお知らせ日本ハム球団公式サイト2013年9月25日配信
  7. ^ Reds Sign Former 1st Round Pick”. ESPN1530 (2014年1月11日). 2014年1月11日閲覧。
  8. ^ 『2011プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2011年、183頁。ISBN 978-4-930942-98-2
  9. ^ スポニチ 長身右腕ケッペル来日 ダルとツインタワーだ!
  10. ^ 北海道日本ハムファイターズ 公式ホームページ ニュース プロ野球12球団チャリティーマッチ-東日本大震災復興支援試合-4/3ケッペル選手スピーチ全文 より
  11. ^ nikkansports.com ケッペルのためもっといい原稿書きたい
  12. ^ nikkansports.com 野球 ニュース ケッペル2勝目ネットで家族に勝利報告
  13. ^ 日刊スポーツ.com ケッペル&ホフ競演でハム連敗脱出
  14. ^ 北海道日本ハムファイターズ『週刊ベースボール』2012年4月9日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌20442-4/9, 37頁。
  15. ^ 日刊スポーツ.com ケッペル&ホフ競演でハム連敗脱出
  16. ^ 北海道日本ハムファイターズ ゲームレポート 2013年7月27日
  17. ^ 北海道日本ハムファイターズ ゲームレポート 2013年9月25日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]