ボノム・リシャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボノム・リシャール(Bonhomme Richard または Bon Homme Richard)は、アメリカ海軍で引き継がれている伝統の艦名。日本では、「ボンノム・リチャード」と読まれたことがあったが、最初の艦がフランスから贈られたものであるため、より原音に近いフランス語読みの「ボノム・リシャール」と読まれることが多くなっている。

  1. 最初のボノム・リシャールは、フランスフランス東インド会社向けのフリゲート Duc de Duraeをルイ16世ジョン・ポール・ジョーンズに対して1779年に与えたもの。命名時はすでに老朽化した帆船であった。艦名の由来は、「善人のリチャード」というものであり、当時駐仏大使であったベンジャミン・フランクリンが "Poor Richard" または "Richard Saunders" のペンネームで発刊していた格言付き暦「Poor Richard's Almanac」に因んでいる。1779年9月25日に北海で戦闘時の損傷により沈没した。ただし、この時の海戦は、アメリカ独立史に残るものとして記録されている。
  2. 2番目のボノム・リシャール (CV-31)は、エセックス級航空母艦
  3. 3番目のボノム・リシャール (LHD-6)は、ワスプ級強襲揚陸艦

このほか、1864年にもフリゲートへの命名予定があったが建造中止となり、エセックス級航空母艦のCV-10にも命名予定があったが、ヨークタウンに艦名が変更された。