ボニータ (SSK-3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Bonita (SSK-3).jpg
艦歴
発注:
起工: 1950年5月19日
進水: 1951年6月21日
就役: 1952年1月11日
退役: 1958年11月7日
除籍: 1965年4月1日
その後:
性能諸元
排水量: 水上765トン、水中1,160トン
全長: 196 ft 1 in (60 m)
全幅: 24 ft 7 in (7.5 m)
吃水: 14 ft 5 in (4.4 m)
機関:
最大速: 水上13ノット (24 km/h)
水中6ノット (11 km/h)
乗員: 士官4名、兵員33名
兵装: 21インチ魚雷発射管4門

ボニータ (USS Bonita, SSK-3/SS-552) は、アメリカ海軍潜水艦バラクーダ級潜水艦の3番艦。艦名はカツオマグロといった複数の魚類の総称であるボニータに因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目。当初の艦名は K-3 であった。

艦歴[編集]

K-3はニュージャージー州カムデンニューヨーク造船所に建造発注されたが、後にカリフォルニア州ヴァレーホメア・アイランド海軍造船所へ変更された。1950年5月19日にメア・アイランド海軍造船所で起工し、1951年6月21日にジェームズ・S・クラーク夫人によって命名、進水、1952年1月11日に艦長エリック・E・ホプレー少佐の指揮下就役する。

K-3は1952年5月15日に真珠湾に到着し、第7潜水戦隊に所属する。1956年8月、9月にはアラスカ水域に巡航し通常任務及び実験活動に従事する。K-3は1955年12月15日にボニータと改名された。1958年11月7日に予備役となり、1959年8月15日に SS-552 (攻撃型潜水艦)に艦種変更された。ボニータは1965年4月1日に除籍された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]