ボニファーチオ・ディ・カノッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トスカーナ辺境伯ボニファーチオ4世

ボニファーチオ・ディ・カノッサBonifacio di Canossa, 985年 - 1052年5月6日)は、カノッサ伯(在位:1012年頃 - 1052年)、トスカーナ辺境伯(4世)(在位:1027年 - 1052年)。カノッサ家(Canossiana)出身で、神聖ローマ帝国期の有力な領主の一人であり、レッジョモデナマントヴァフェラーラを支配した。

ボニファーチオは、ランゴバルド族の家系のアダルベルト・アットー (Adalberto Atto) またはアットーネ (Attone) の孫であり、アダルベルトの子テダルド・ディ・カノッサとその妻ウィラ(ボゾン家トスカーナ辺境伯の出身ともされる)との間の次男である。兄テダルトはアレッツォ司教となり、弟コッラードはロンバルディアの伯らとともにボニファーチオと対立したのち1030年死去した。

ボニファーチオは常に神聖ローマ皇帝を支持し、1014年、ロンバルディア領主による皇帝ハインリヒ2世への反乱を鎮圧した。1026年には、皇帝コンラート2世がイタリア王となるためアキテーヌ公と争った際に、ボニファーチオはコンラートに加勢した。これにより翌1027年にボニファーチオはトスカーナ辺境伯位を与えられた。ボニファーチオはまた1034年6月のブルグント王国継承に関する皇帝コンラート2世とブロワ伯ウード2世との戦いにおいても皇帝側で参戦している。一方で、強大化したボニファーチオの勢力に対し、皇帝は圧力を加えた[1]

1056年5月6日、マントヴァ近くのサン・マルティーノ・アッラルジーネの狩りの途中で暗殺された。暗殺者はオパルマのスカルペッタ・デ・カネヴァリと言われており、暗殺の黒幕は皇帝ハインリヒ3世ともされている[2]。マントヴァに埋葬された。

子女[編集]

最初、ベルガモ伯ジザルベルト2世の娘リキルデ (Richilde) と結婚し、娘を一人もうけたが夭逝した。リキルデは1036年に死去した。

アルデンヌ家の上ロートリンゲン公フリードリヒ2世の娘ベアトリーチェ・ディ・ロタリンジャ (Beatrice di Lotaringia)と再婚し、3人の子供を持った。

  • ベアトリーチェ(? - 1053年) - 夭逝
  • フェデリーコ(? - 1055年) - トスカーナ辺境伯(在位:1052年 - 1055年)、夭逝
  • マティルデ(1146年? - 1115年) - トスカーナ女伯(在位:1055年 - 1115年)

ベアトリーチェはボニファーチオの死後の1054年にロートリンゲン公ゴットフリート3世と結婚した。

引用[編集]

  1. ^ 山辺、p.87
  2. ^ 山辺、p.91

参考文献[編集]

  • 山辺規子 『カノッサ家の盛衰:中世中期・北イタリアの貴族家系の一例』 奈良女子大学研究年報、第37号、p.83-100、1994年 [1]
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年
先代:
ラニエーリ・ディ・トスカーナ
トスカーナ辺境伯
1027年 - 1052年
次代:
フェデリーコ・ディ・カノッサ