ボナパルトカモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボナパルトカモメ
ボナパルトカモメ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: カモメ属 Larus
: ボナパルトカモメ
L. philadelphia
学名
Larus philadelphia
(Ord, 1815)
シノニム

Larus philadelphia

和名
ボナパルトカモメ
英名
Bonaparte's Gull

ボナパルトカモメ(ボナパルト鴎、学名:Larus philadelphia)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

アラスカからカナダにかけての地域で繁殖し、冬季はアメリカ合衆国メキシコ中央アメリカ南アメリカ北部、西インド諸島に渡り越冬する。

日本では迷鳥として、北海道茨城県東京都神奈川県で記録がある。

形態[編集]

体長約34cm、翼開長約83cm。ユリカモメと外見は似ているが一回り小さい。成鳥夏羽は、頭部が黒く眼の上下に白い縁取りがある。頸から下面は白く、背中や翼上面は淡い青灰色で、尾は白い。翼の下面は、初列風切先端部に線状の黒色部があるほかは、全面灰白色である。成鳥冬羽は、頭部が白く眼の上と耳羽の後方に黒褐色の斑がある。雌雄同色である。

嘴は黒色で、足は赤い。

生態[編集]

越冬地では、干潟や海岸近くの湖沼に生息する。

食性は動物食。水面上を飛び回りながら、魚類などを嘴でつまみあげて捕食する。

他のカモメ類と異なり、樹上に枯れ枝などを利用して営巣する。

鳴き声は「キャッ キャッ」など。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ小目 Charadriida

画像[編集]

上からヒメカモメユリカモメニシズグロカモメ、ボナパルトカモメ(冬羽)

参考文献[編集]

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「ボナパルトカモメ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類