ボディ・ハント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボディ・ハント
House at the End of the Street
監督 マーク・トンデライ英語版
脚本 デヴィッド・ルーカ
原案 ジョナサン・モストウ
製作 ピーター・ブロック
ハル・リーバーマン
アーロン・ライダー
製作総指揮 ライアン・カヴァノー
スティーヴ・サミュエルズ
アリソン・シルヴァー
タッカー・トゥーリー
出演者 ジェニファー・ローレンス
マックス・シエリオット
ギル・ベローズ
エリザベス・シュー
音楽 テオ・グリーン
撮影 ミロスラフ・バシャック
編集 スティーヴ・ミルコヴィッチ
カレン・ポーター
製作会社 フィルムネーション・エンターテインメント
レラティビティ・メディア
配給 アメリカ合衆国の旗 レラティビティ・メディア
日本の旗 ポニーキャニオン
公開 アメリカ合衆国の旗 2012年9月21日
日本の旗 2012年11月17日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $39,462,138[1]
テンプレートを表示

ボディ・ハント』(原題: House at the End of the Street)は、2012年アメリカ合衆国ホラースリラー映画である。マーク・トンデライ英語版監督、ジェニファー・ローレンスエリザベス・シューマックス・シエリオット出演である[2]。元々2012年4月公開が予定されていたが[3]、2012年9月21日に変更された。撮影は主にカナダオンタリオ州オタワで行われた[4]

ストーリー[編集]

17歳の女子高生エリッサは母サラとともにシカゴから郊外の一軒家に引っ越して来る。その家は、4年前に隣家でキャリー・アンという少女が両親を惨殺した事件が起きたため、安く借りることができたのだ。問題の隣家には、今はキャリー・アンの兄で幼い頃から伯母に育てられていたライアンが1人で暮らしているが、ライアンは周囲から変人と見られ、孤立していた。

ある夜、ふとしたことからエリッサはライアンと知り合う。もの静かで音楽の趣味の合うライアンに惹かれたエリッサは、母サラの反対を無視して、ライアンと付き合うようになる。しかし、ライアンには秘密があった。実は4年前の事件後、失踪したことになっているキャリー・アンを密かに地下室に閉じ込め、面倒を見ていたのだ。キャリー・アンは幼い頃、ブランコから落ちて頭を打ったことから精神に異常を来すようになったのだが、その事故の原因が自分にあると思っているライアンは罪悪感からキャリー・アンを匿っていたのだ。ところがある夜、キャリー・アンが地下室から逃げ出す。ライアンは必死にキャリー・アンを取り押さえるが、はずみで彼女を死なせてしまう。ライアンはキャリー・アンの遺体を始末する。

学校のバンド大会の夜、エリッサに会いに来たライアンに、生徒会長で嫌味なタイラーが仲間たちと共に暴行を加える。しかし、ライアンは逆にタイラーに大怪我を負わせて逃げ出してしまう。タイラーの仲間たちが復讐のためにライアンの家に火をつけるが、エリッサが駆けつけて何とか消火する。ところが、そこでエリッサは地下室に女性が監禁されているのを見つける。そこにライアンが現れ、監禁されている女性は妹のキャリー・アンだと説明するが、ライアンがキャリー・アンに仕立て上げるために誘拐・監禁した女子大生であることにエリッサは気付いていた。ライアンはエリッサを気絶させて監禁し、代わりに女子大生を殺す。そこに、地元の警官であるウィーヴァーがサラに頼まれてエリッサの行方を探しにやって来る。エリッサのスマホの着信音からウィーヴァーに気付かれたライアンはウィーヴァーを刺し殺し、更にそこにやって来たサラも刺す。何とか監禁場所から逃げ出したエリッサはウィーヴァーの拳銃でライアンを撃つが、息を吹き返したライアンに襲われる。そこに必死のサラが現れてライアンをハンマーで殴り倒す。

エリッサとサラは引っ越すことになる。一方、捕らえられたライアンは全てを思い出す。実はキャリー・アンはブランコの事故で死んでおり、その罰として両親はライアンを無理矢理キャリー・アンに仕立て上げ、虐待していたのである。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b House at the End of The Street”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年9月14日閲覧。
  2. ^ House at the End of the Street”. comingsoon.net. 2011年10月27日閲覧。
  3. ^ house-at-the-end-of-the-street gets a release date”. 2011年10月6日閲覧。
  4. ^ “Horror flick to film in Ottawa” (英語). Ottawa Sun. (2010年7月27日). http://www.ottawasun.com/entertainment/movies/2010/07/27/14845706.html 2013年9月14日閲覧。 

外部リンク[編集]