ボディガード (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボディガード
The Bodyguard
監督 ミック・ジャクソン
脚本 ローレンス・カスダン
製作 ローレンス・カスダン
ジム・ウィルソン
ケビン・コスナー
出演者 ケビン・コスナー
ホイットニー・ヒューストン
音楽 アラン・シルヴェストリ
主題歌 I Will Always Love You
ホイットニー・ヒューストン
撮影 アンドリュー・ダン
編集 リチャード・A・ハリス
製作会社 TIGプロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年11月25日
日本の旗 1992年12月5日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $121,945,720[1] アメリカ合衆国の旗
$410,945,720[1] (全世界)
テンプレートを表示

ボディガード』(原題:The Bodyguard)は1992年製作のアメリカ映画

概要[編集]

俳優ケビン・コスナーと女性歌手ホイットニー・ヒューストンが共演[2]し、ヒットしたロマンティック・サスペンス映画である。特にヒューストンが歌った主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー」が収録され、デイヴィッド・フォスターの編曲したサントラ盤は全世界で4200万枚を売り上げる大ヒットを記録した。

あらすじ[編集]

ロナルド・レーガンの警護を担当していた元シークレット・サービスのボディガード、フランク・ファーマーのもとにある日、人気歌手レイチェル・マロンの身辺警護の依頼が来る。

彼女の周囲で最近、不審な出来事が続いており、ついには殺害を予告する脅迫状までが送り付けられてきたため、フランクに白羽の矢が立ったのである。

レイチェルは当初フランクを受け付けず反発するが、身を呈して自分を守ってくれる彼を次第に信頼するようになる。

しかし、暗殺者の魔の手はゆっくりと、そして確実にレイチェルへと伸びていた…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
VHSDVDBD フジテレビ テレビ朝日
フランク・ファーマー ケビン・コスナー 津嘉山正種
レイチェル・マロン ホイットニー・ヒューストン 塩田朋子 高島雅羅 塩田朋子
サイ・スペクター ゲイリー・ケンプ 島田敏 江原正士 二又一成
ビル・デヴァニー ビル・コッブス 阪脩 富田耕生 小林勝彦
グレッグ・ポートマン トーマス・アラナ 千田光男 若本規夫
ハーブ・ファーマー ラルフ・ウェイト 小島敏彦 大木民夫 加藤精三
ニッキー・マロン ミシェル・ラマー・リチャーズ 藤生聖子 吉田理保子 唐沢潤
トニー・シペリ マイク・スター 福田信昭 秋元羊介 塩屋浩三
授賞式司会者 ロバート・ウール 西村知道 堀内賢雄
クライヴ ナサニエル・パーカー 長島雄一
ヘンリー クリストファー・バート 伊藤栄次
フレッチャー・マロン デヴォーン・ニクソン 小松直史 津野田なるみ 内澤祐豊
レイ・コート ジェリー・バマン 藤本譲
ミネラ ジョー・ユーラ 小野健一
ダン トニー・ピアース 中田和宏
ロータリークラブ会長 バート・レムゼン 石森達幸
スキップ・トーマス リチャード・シフ 小島敏彦
デビー・レイノルズ 高村章子
エマ エセル・アイヤー 火野カチコ
音響賞プレゼンター ロブ・サリバン 土方優人
音響賞受賞者 パトリシア・ヒーリー 八木亜希子
少女 エイミー・ルー・デンプシー 鈴鹿千春
少女の母親 シェリー・A・ヒル 石井直子
役不明又はその他 麻生侑里
久保田民絵
紗ゆり
高宮俊介
檀臣幸
円谷文彦
中澤やよい
仲野裕
成田剣
林一夫
平田広明
宝亀克寿
山野史人
佐久田修
金尾哲夫
有本欽隆
大滝寛
塚田正昭
小室正幸
古澤徹
後藤敦
安井邦彦
堀部隆一
瀬畑奈津子
矢崎文也
小山田詩乃
加藤優子
内田聡明
坂口賢一
翻訳 伊原奈津子 飯嶋永昭 武満眞樹
演出 松川陸 春日正伸 福永莞爾
調整 栗林秀年 山田太平
効果 山本洋平 リレーション
録音 山下裕康
編集 松村卓朗
音響制作 相原正之
中西真澄
プロデュサー 小川政弘
貴島久祐子
松田佐栄子
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
ムービーテレビジョン
初回放送 1995年10月7日
ゴールデン洋画劇場
1998年10月4日
日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

舞台[編集]

2012年11月から、イギリスウエストエンドにあるアデルフィ劇場にてミュージカル版の上演が決定している。

へザー・ヘッドリーがレイチェル・マロン役を演じる。脚本は、アレクサンダー・ディネラリスが担当[4]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 用心棒
    • 劇中、主人公フランクがレイチェルと一緒にこの映画のワンシーンを見る場面があり、そこではワンシーンがそのまま使われている。また、フランクがレイチェルに「この映画は何回見た?」と尋ねられ、その回答は「62回」。

外部リンク[編集]