ボツワナ人民党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボツワナ人民党
Botswana People's Party
党首 バーナード・バリカニ
成立年月日 1960年
党本部所在地
政治的立場 進歩主義
シンボル
色(イメージカラー)
国際提携
ウェブサイト

ボツワナ人民党Botswana People's PartyBPP)は、ボツワナ共和国の政党。党首はバーナード・バリカニ。2004年10月30日の総選挙で1.9パーセントを得票したが、議席には結びつかなかった。

1960年ベチュアナランド人民党として、K.T. Motsete、フィリップ・マタンセらの指導の下、創設される。同党は、現在、ボツワナで活動している政党、政治団体としては最も古い歴史を持つ。人民党結成には1960年3月に南アフリカで起きたシャープビル虐殺事件が大きな影響を及ぼし、党結成に当たってはアフリカ民族会議の組織が参考とされた。ボツワナ独立後は一貫して野党として活動している。[1] 1965年、独立直前の選挙では3議席を獲得し、第2党となった。その後、1969年1974年の選挙でも議席を得たが、1979年の選挙で議席を失い、以後現在まで国会に議席を得たことはない。

脚注[編集]