ボッカチオ'70

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボッカチオ'70
Boccaccio '70
監督 マリオ・モニチェリ
フェデリコ・フェリーニ
ルキノ・ヴィスコンティ
ヴィットリオ・デ・シーカ
脚本 ジョヴァンニ・アルピーノ
イタロ・カルヴィーノ
マリオ・モニチェリ
スーゾ・チェッキ・ダミーコ
フェデリコ・フェリーニ
エンニオ・フライアーノ
ゴッフレド・パリーゼ
トゥリオ・ピネリ
ブルネロ・ロンディ
ルキノ・ヴィスコンティ
チェザーレ・ザヴァッティーニ
製作 カルロ・ポンティ
トニーノ・チェルヴィ
出演者 マリサ・ソリナス
アニタ・エクバーグ
ロミー・シュナイダー
ソフィア・ローレン
音楽 ピエロ・ウミリアーニ
ニーノ・ロータ
アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 アルマンド・ナンヌッツィ
オテッロ・マルテッリ
ジュゼッペ・ロトゥンノ
編集 アドリアーナ・ノヴェッリ
レオ・カトッツォ
マリオ・セランドレイ
配給 イタリアの旗 チネリッツ
アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 MGM日本支社
公開 イタリアの旗 1962年2月23日
アメリカ合衆国の旗 1962年6月26日
日本の旗 1962年6月29日
フランスの旗 1962年8月29日
上映時間 208分(完全版)
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
言語 イタリア語
ドイツ語
テンプレートを表示

ボッカチオ'70』(ボッカチオ ななじゅう、イタリア語: Boccaccio '70, 「1970年のボッカチオ」の意)は、1962年(昭和37年)製作・公開、イタリアフランス合作のオムニバス映画である。仏語題は Boccace 70 (ボカース・ソワサントディス)である。参加監督は、マリオ・モニチェリフェデリコ・フェリーニルキノ・ヴィスコンティヴィットリオ・デ・シーカの4人である。デ・シーカ監督の『自転車泥棒』で知られるチェザーレ・ザヴァッティーニの発案による艶笑コメディ、いわゆる「イタリア式コメディ」である。

概要[編集]

4篇からなるこのアンソロジーは、それぞれを1人の映画監督が演出し、どの作品もが現代のモラルと愛の異なる側面についてを扱い、『デカメロン』で知られる14世紀の詩人ボッカチオのスタイルをとった。

オリジナルな4篇は以下の通り。

ほとんどの国で150分前後の「3話構成」で公開され、モニチェリ監督による第1話は、イタリアの配給会社チネリッツの社内に存在するだけであった。モニチェリに連帯、配給側の政策に抗議し、ほかの3人の監督たちも第15回カンヌ国際映画祭の作品プレゼンテーションへの不参加を表明した。

のちに日本で発売されたビデオ版、1998年の劇場公開版では4篇そろった完全版であった。

ポストモダン作家として知られるイタロ・カルヴィーノが、問題の第1話の脚本の共同執筆に参加している。当時カルヴィーノはローマに在住しており、数年後パリに隠遁した。発案者のザヴァッティーニは、単独で第4話の脚本を執筆した。

関連事項[編集]

[編集]

外部リンク[編集]