ボゾルグ・アラヴィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボゾルグ・アラヴィーペルシア語:بزرگ علوی英語:Bozorg Alavi1904年2月2日 - 1997年2月18日)は、イランテヘラン出身の小説家政治活動家

イラン共産党英語版創立者の一人で、フンボルト大学ベルリン教授を務めた。

生涯[編集]

1904年2月2日、イランのテヘランに商人[1]、アボル・ハサン・アラヴィー(Abol Hassan Alavi)の元に6人兄弟のうち3番目の子として生まれる。

1922年のモルテザ(Mortezā)と共にドイツベルリン留学[2][1]1927年にイランへ帰国した。

1934年短編集『トランク(Chamedan)』を著す。その後はマルクス主義を唱え、左翼活動を行ったため1937年にアラヴィーを含む53人の同志(en:The Fifty-Three)と共に4年後の1941年まで投獄された。なお、アラヴィーは投獄中の1941年に『牢獄のちり紙(Varaq Pareh'ha-ye Zendan)』を著した。

釈放後はイラン共産党[3]の結成に協力。また1942年に投獄中の記録『53人(Panjah-o Seh Nafar)』を著す。

第二次世界大戦後は東ドイツに渡り、フンボルト大学ベルリンで文学教授を務めた。

1952年長編小説『彼女の眼(Chashmhayash』を著し、翌年の1953年には短編集『Nameh' ha va Dastan'ha-ye diga』を著した。

パフラヴィー朝時代はアラヴィーのほとんどの作品は発売禁止[2]であったが、イラン革命が勃発し1979年に解禁された。

1997年2月18日にドイツのベルリンで亡くなる。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b 黒柳恒男『アラビー[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  2. ^ a b ボゾルグ・アラヴィーとは - コトバンク、2013年2月10日閲覧。
  3. ^ トゥーデ党とも。

関連項目[編集]