ボスナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボスナ

ボスナBosna 又は Bosner)は、オーストリアザルツブルク名物のカレー風味のホットドッグである。

概要[編集]

ザルツブルクで一番にぎわい、モーツァルトの生家があることでも有名なゲトライデガッセ33番地の路地にあるファーストフード店「バルカン・グリル」(Balkan Grill)が発祥とされるボスナは、ザルツブルクのみならずオーストリア全土に広く知れ渡っているザルツブルクの名物料理である。

ボスナのレシピはいたって単純で、カリカリに焼いたパンマスタードを塗り、鉄板で焼いた細い2本のポークソーセージをはさむ。つづいて生のタマネギのみじん切りとパセリをかけ、最後に特製カレー粉をふりかける。出来上がったボスナは半分ほど隠れる白い紙にはさんで手渡してくれる。近年はケチャップカイエンペッパーチリパウダーなどもリクエストでかけてくれる。価格は1本2.8ユーロである。

このボスナを創作、あるいはこの地で紹介したのは、ブルガリア出身のツァンコ・トドロフ (Zanko Todoroff) である。トドロフは1949年レストラン「アウグスチーナ・ブロイ」でブルガリア風のホットドッグを出したところ、すぐにザルツブルク市民の話題となった。翌1950年には現在のゲトライデガッセ33でわずか2m² のファーストフード店「バルカン・グリル」をオープンして『ナダニッツァ』 (Nadanitza) として売り出した。しかしこの発音が当地の人にはどうも難しく、すぐに『ボスナ』に改名された。1975年には経営者が変わったが、オリジナルの味は守られ、一日最大2000本のボスナがザルツブルク市民と世界からの観光客、そしてウィーンフィルなど音楽祭に参加する芸術家の胃袋に収まっている。なお店には座席はないので、購入した人はすべて、ゲトライデガッセを歩きながら食べることになる。

なおザルツブルクのソーセージスタンドでは、茹でたソーセージにマスタードとセンメル(白パン、Semmel)というのが一般的である。そこにボスナがカレー風味のホットドッグという小さな異国情緒を運んできた。近年では他の店、他の地方でもボスナが提供されている。なお、ボスニア・ヘルツェゴビナに同名の川(ボスナ川)があるが、由来しているかは不明である。

関連項目[編集]