ボストン・レッズ (ユニオン・アソシエーション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここでは、1884年マサチューセッツ州ボストンを本拠地として、ユニオン・アソシエーションに加盟していたボストン・レッズBoston Reds)について記述する。

球団史[編集]

1884年のユニオン・アソシエーション設立の際チームが結成された。ボストンは当時ビーンイーターズ(現アトランタ・ブレーブス)が強さと人気を誇っていて、レッズへの関心は薄かったようである。最初はジェームス・バークとトミー・ボンドの二人の投手で廻していたが、シーズン中盤に勝ち星が延びなくなると、ボンドに換えてナショナルリーグで投げていたデューピー・ショーを補強した。ショーは7月19日のセントルイス・マルーンズとの試合で、1試合18奪三振を記録するなどの活躍をし、ボストンでは防御率1.77の記録を残している。打の中心は外野手のエド・クレーンで、彼はこの年リーグ2位の12本の本塁打と.285の打率を残したが、チーム全体の打率は.236と攻撃力があるチームとはいえなかったようである。

また同年ボストンからデビューしたトミー・マッカーシーは、この年投手として0勝7敗、打率.215と目だった活躍はできなかったが、数年後セントルイス・ブラウンズ(現カージナルス)でその才能を開花させた。彼はユニオン・アソシエーションでプレーした選手としては、唯一のアメリカ野球殿堂入り選手となっている。

チームは1シーズンをフルに戦い58勝51敗の成績に終わった。参加していたユニオン・アソシエーション自体は1年で消滅したが、チームは12月に開かれたリーグのミーティングに参加しなかったために、リーグから『除名』されたという扱いになっている。

戦績[編集]

※順位は勝率による。

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1884年 UA 111 58 51 .532 5位 ティム・マーネン Dartmouth Grounds

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数:122(エド・クレーン)
  • 通算本塁打:12(エド・クレーン)
  • 通算勝利数:21(デューピー・ショー)
  • 通算奪三振:309(デューピー・ショー)

出典・外部リンク[編集]