ボジンカ計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボジンカ計画(Bojinka plot)は、アルカーイダ1995年1月21日から決行を予定していたものの未遂に終わったテロの計画。ボジンカはアラビア語で「爆発」の意味。資金提供も当時スーダンにあったアルカーイダウサーマ・ビン=ラーディンが行った。

この計画は、フィリピンマニラのアルカーイダのアジトが爆弾製造中に爆発、フィリピン警察に1995年1月6日と7日に踏み込まれて露見した。

主犯格はラムジ・ユセフハリド・シェイク・モハメド。ラムジ・ユセフは、クウェート生まれのパキスタン人で、世界貿易センター爆破事件の首謀者。ハリド・シェイク・モハメドもクウェート生まれのパキスタン人で、ラムジの叔父である。ハリド・シェイク・モハメドは、16才でムスリム同胞団に加わり、その後アフガニスタンソビエト軍と戦った経歴の持ち主で、アルカーイダの最高首脳の1人である。対外宣伝を担当し、アメリカ同時多発テロ事件の計画立案者と言われる。

概要[編集]

アメリカ同時多発テロ事件との類似点も多く、この事件の発覚により、アメリカFBIハイジャックされた航空機による次なるテロの可能性を予測しえたはずといわれている。

第一計画[編集]

1995年1月15日にフィリピンを訪問するローマ教皇ヨハネ・パウロ2世)を神父に変装して自爆テロ暗殺する計画であった。20人のテロリストがこのために訓練された。この計画は次のハイジャック計画のために欧米の捜査当局の目を逸らす狙いであった。

次に計画されたのが、本来の狙いであるアメリカ行き航空機の同時多発的な爆破であった。東アジアまたは東南アジアでストップオーバー(途中寄港)する11機の航空機が狙われた(その大半が東京経由であった)。計画では、テロリストたちは座席下のライフジャケットに爆弾を忍ばせて、途中寄港地で航空機を降りてしまう。爆弾は同時に太平洋上で爆破させる。その後、パキスタンラホールで落ち合う計画であった。

爆弾はMark IIと呼ばれ、カシオのデジタル時計をタイマーとして用い、毛玉のような形状で安定性を与え、バッテリーは靴のヒールに隠す。ニトログリセリンはコンタクトレンズの洗浄液を偽装する・・・計画であった。

この予行演習としてメンバーの一人ラムジ・ユセフ1994年12月11日マニラ発成田行きフィリピン航空434便で時限爆弾を仕掛けて南大東島沖上空で爆発し、1人の死者と10人の負傷者を出すフィリピン航空434便爆破事件を起こした。

狙われた空港は:

狙われた航空会社は政治的影響を計算して全てアメリカの航空会社で:

爆破する航空機の最終目的地のアメリカの空港は:

である。

第二計画[編集]

小型の航空機を購入して、燃料を満タンにして、バージニア州フェアファックス郡CIA本部に激突させる計画であった。このための自爆テロのパイロット養成がノースカロライナ州の飛行クラブで続けられた。しかし、この計画は最終的に民間旅客機のハイジャックに変更となり、ターゲットもシアーズタワーアメリカ合衆国議会議事堂ホワイトハウスなどと検討を加えられていった。これが後にアメリカ同時多発テロ事件に繋がった、とされる。

その後[編集]

ラムジ・ユセフは、1995年にパキスタンのイスラマバードのゲストハウスに潜伏しているところをアメリカパキスタンの諜報機関(ISI)によって逮捕された。ハリド・シェイク・モハメドも、2003年にパキスタンのラーワルピンディーで、アメリカとパキスタンの諜報機関によって逮捕され、グァンタナモ米軍基地に移送された。世界貿易センター爆破事件、2002年バリ島爆弾テロ事件、アメリカ同時多発テロ事件など一連のテロへの関与を認めている。

関連項目[編集]