ボキラス温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hot springs 001.svgボキラス温泉(ラングフォード温泉)
Big Bend National Park, Texas 126.JPG
ボキラス温泉。リオグランデ川の向こうはメキシコ。
温泉情報
所在地 アメリカ合衆国テキサス州ブリュースター郡ビッグ・ベンド国立公園
座標 北緯29度10分39秒
東経102度59分6秒
座標: 北緯29度10分39秒 東経102度59分6秒
交通 空路でアメリカ合衆国テキサス州の空港まで飛び、空港から
鉄道 - なし
バス - なし
車 - エル・パソ (テキサス州)から5時間、サンアントニオから6時間、オースティンからは8時間
泉質 塩化物泉
炭酸カルシウム硫酸カルシウム硫酸ナトリウム塩化ナトリウムリチウム
泉温 40.6
湧出量 約946 t/日(1936年測定)
(約660 L/分)
宿泊施設数 0(車で1時間でロッジがある。車で20分でキャンプ・RVサイトがある)
総収容人員数 1回に10人程度。不明 人/日
外部リンク Hot Springs / Geothermal Areas - Big Bend National Park
(U.S. National Park Service)
特記事項 屋外。混浴。水着着用。無人。無料
テンプレートを表示

ボキラス温泉(ボキラスおんせん、: Boquillas Hot Springs、ラングフォード温泉(: Langford Hot Spring:Langford Hot Spring))は、 アメリカ合衆国テキサス州ビッグ・ベンド国立公園内にあり、アメリカ合衆国国立公園局が管理する温泉[1]

ボキラス温泉 (Boquillas Hot Springs)のボキラス (Boquillas)はこの地の地名・ボキラス(Boquillas)にちなんで命名された。ラングフォード温泉(Langford Hot Spring)のラングフォードはこの温泉を開発した人・ラングフォード(J.O. Langford)にちなんで命名された。温泉は100年以上の歴史があり、現在、アメリカ合衆国国立公園局が管理しているが、温泉宿や現地管理人はいない。無人の露天風呂で、観光客が自由に利用している。

特徴[編集]

リオグランデ川沿いの露天風呂である。屋外。混浴。水着着用。無人。無料。

お湯はぬるいが米国標準温度で、長湯できる。水質はきれい。利用者は10人以下が快適。駐車場に来た時点で、先客の人数は推定できる。

米国の温泉の一般論との対比[編集]

米国の温泉の常識・慣習・ルール・文化。温泉と似た施設に、ヌーディスト用の全裸混浴の風呂・プールもあるが、その場合は、そう明記されている。ここではそれは除外した。

ボキラス温泉では、以下の(8)(11)が該当しないが、他はあてはまる。

  • 日本と異なる点。
(1)湯を汲む桶がない(ある場合もある)。
(2)身体を洗う設備・概念がない。シャワーや蛇口がない(ある浴室もある)。
   自室の浴室で身体を洗ってから温泉に入ることが前提で、
   温泉浴室に身体を洗う設備がない。単に、お湯につかるだけだ。 (3)サウナがない(ある場合もある)。 (4)岩盤浴はない。 (5)ぬる湯である。じっくり浸かるので、出てから身体がほかほかする。 (6)お湯が透明である(濁っていない)。 (7)お湯に匂いがない(硫黄など)。 (8)浴槽の中央部はソコソコ深い。1メートル~1メートル50センチほどある。 (9)通常、「水着着用」「水着自由(全裸と水着が混在)」「混浴」「女性のみ」などの表示がある。
   他人と共用風呂に入るなら、基本的には、同性でも水着着用である。但し、個人風呂は全裸で良い。
   水着着用の場合、当然のように外部から丸見えである。
   性的振る舞いは厳格にご法度である。 (10)飲用はしない。 (11)温泉施設では、スパの後、マッサージなどのトリートメントがある。
   有料だが、このために温泉に来る人も多い。
  • 日本と共通な点。
(12)米国のホテル浴室では使用後、浴槽の栓を抜いてお湯を流すが、温泉では、終了後、浴槽の栓を抜かない。
(13)(12)と関連するが、浴槽内に石鹸・ソープを持ち込まない。
(14)ノンビリするための施設である。
(15)個室浴室はドアを室内から施錠できる。
(16)男女の全裸混浴は通常はない。

注意点[編集]

ビッグ・ベンド国立公園の地図。4時方向の赤い線の右端近くが温泉地
駐車場からボキラス温泉トレイル入口
ビッグ・ベンド国立公園内に唯一の宿泊施設・チゾス・マウンテンロッジ(Chisos Mountains Lodge)
  • タオル持参。
  • 更衣室はないが、駐車場のトイレで着替えはできる。
  • 管理人はいないので、複数人で利用すべきだろう(特に女性)。女性が温泉脇で着替えるのは刺激的過ぎるのでヤメたほうが良い。
  • 屋根はない。雨が降れば荷物は濡れるので、注意が必要。
  • 駐車場にトイレはあるが、水はでない。
  • 駐車場、道、温泉場に電灯はない。
  • 夜間の利用は危険かもしれない。
  • 越境メキシコ人に、寄付、食べ物・水など与えてはいけない。越境メキシコ人から土産物(置いてある)・麻薬を買うのは違法である[2]

歴史[編集]

  • 1882年1月16日、テキサス州政府のテキサス・レンジャーが鉄道敷設のためにこの地を調査し、テキサス州政府が土地を所有した[3]
  • 1909年、ミシシッピー生まれのラングフォード(J.O. Langford)は、この地を購入し、妻・ベシー(Bessie)と1歳半の娘ロビー(Lovie)とともに、この地にリゾート温泉施設を設けた。以後、周辺にいくつもの温泉が設けられ村が形成された。
  • 1913年、盗賊にたびたび襲われた。
  • 1914年7月、郵便局が開設された。
  • 1916年、盗賊に襲われるのを避け、ラングフォード一家はこの地を去る。
  • 1927年、ラングフォード一家は戻ってきて、施設を再建した。温泉建屋、7室のモーテル、小売店を建てた[4]
  • 1930年代、温泉はリゾート施設としてかなり繁盛した。
  • 1932年10月、リオグランデ川の洪水で温泉建屋が水没した。この時以外にも、しばしば水没した。
  • 1933年、テキサス州はこのあたり一帯をビッグ・ベンド州立公園とした。
  • 1942年、ラングフォードは土地をテキサス州に売却した。実質的には、ビッグ・ベンド国立公園に寄付したのである。温泉施設は、スミス夫妻(Maggy and H. Baylor Smith)が1952年まで運営した。
  • 1944年6月12日、アメリカ合衆国連邦政府は、ビッグ・ベンド国立公園を設立した。
  • 1974年9月17日、アメリカ合衆国国家歴史登録財(National Register of Historic Places)に登録された[5][4]
  • 1980年代、温泉建屋は壊れてなくなったが、現在と同じように、観光客は、温泉に浸かり、廃墟となった郵便局、モーテル、ラングフォードの家を見ることができた。

アクセス[編集]

アクセスには車しかない。アメリカ合衆国テキサス州エル・パソ (テキサス州)から5時間、サンアントニオから6時間、オースティンからは8時間かかる。

ビッグ・ベンド国立公園内に唯一の宿泊施設・チゾス・マウンテンロッジ(Chisos Mountains Lodge)がある。そこから車で約1時間かかる。リオグランデ村(Rio Grande Village)には、キャンプ・サイトとRVサイトがあるので、そこに宿泊すれば、車で約20である。

舗装された主要道路から未舗装道路を数分走ると、無料駐車場がある。無料駐車場から温泉まで、平地を約10分、リオグランデ川沿いに歩く。

関連項目[編集]

脚注・文献[編集]

外部リンク[編集]

動画[編集]