ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホール・パス/
帰ってきた夢の独身生活
<1週間限定>
Hall Pass
監督 ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー
脚本 ピート・ジョーンズ
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー
ケヴィン・バーネット
原案 ピート・ジョーンズ
製作 チャールズ・B・ウェスラー
ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー
マーク・シャルパンティエ
ブラッドリー・トーマス
ベンジャミン・ワイズブレン
J・B・ロジャース
出演者 オーウェン・ウィルソン
ジェイソン・サダイキス
音楽 ジェフ・トイネ
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 サム・セイグ
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
コナンドラム・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年2月25日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $36,000,000[1]
興行収入 $83,160,734[1]
テンプレートを表示

ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>』(ホールパスかえってきたゆめのどくしんせいかついっしゅうかんげんてい、原題: Hall Pass)は、2011年アメリカ合衆国コメディ映画
ヒット・メーカーのファレリー兄弟による監督作品で、全米の週間興行チャートでは数週にわたりトップ10入りするヒットを記録したが、日本での期待度は低く、本邦においては、第4回したまちコメディ映画祭in台東で前夜祭オールナイト上映作品として上映されたのみで、その後は劇場公開はされず、ビデオスルーとして2012年1月18日DVDが発売された。またそのDVDも、コストを抑えるためメーカーによる日本語吹き替えの音声収録が行われず、セル、レンタルともに、英語音声と日本語字幕のみ視聴可能な仕様となっている。
日本での成績不振やメーカーの消極的アプローチは、作品の内容が大きく関係する。ストーリーの特性上、作中のセリフに占める下ネタの割合が多い事や、車中でのマスターベーションシーン、ペニスのモロ出しシーン(日本版はフィルタリング処理がなされている)がある事などが視聴年齢制限の対象になり、観客動員数の足かせになるとの懸念から、劇場未公開に繋がり、それによる知名度の低さからビデオスルー時においても日本語音声なしに留まる結果となった。
因みに、したまちコメディ映画祭上映時の邦題は『ホール・パス/夢の独身許可証<期間限定>[2]である。

「ホール・パス(hall pass)」とは、本来、授業時間中に教室から廊下(ホール)に出る生徒に教師が与える許可証(パス)のことで、主に生徒がトイレに席を立つ時などに用いられる。そこから転じて、その者が共同生活の義務から離れ、羽目を外すことを容認する事を意味するようになった俗語。妻から夫に与えられるだけではなく、逆のパターンや、愛人、恋人間で用いられることもある[3]

ストーリー[編集]

夫婦生活のマンネリ化を打破するため、妻から一週間限定の「独身許可証」をもらった2人の冴えない中年男が、独身生活を満喫しようと奮闘するが、体力的な問題など、様々な点で若いころのようには上手く行かずにジタバタする姿を描いたドタバタコメディ。

夫たちの「奮闘」と並行して、2人の妻にもそれぞれ不倫の機会が訪れるなど、4人の男女に様々な出来事が起きるが、最終的には、それぞれが本来のパートナーへの愛を再認識して物語は終了する。

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹き替えキャスト

参考文献[編集]

  1. ^ a b Hall Pass (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2012年6月26日閲覧。
  2. ^ 映画 ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>”. allcinema. 2012年6月26日閲覧。
  3. ^ hall passの意味”. 英和辞典 Weblio辞書. 2012年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]