ホーリーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホーリーブル
英字表記 Holy Bull
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1991年1月24日
Great Above
Sharon Brown
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州[1]
生産 Pelican Stable[1]
馬主 Pelican Stable(アメリカ)
Warren.A.Croll Jr(アメリカ)
調教師 Warren A. Croll Jr.(アメリカ)
競走成績
生涯成績 16戦13勝[1]
獲得賞金 248万1780ドル
テンプレートを表示

ホーリーブル (Holy Bull) とはアメリカ合衆国競走馬である。トラヴァーズステークスなどG1競走を6勝し、1990年代のアメリカ競馬を代表する名馬の一頭に数えられる。1994年エクリプス賞年度代表馬および最優秀3歳牡馬を受賞。2001年アメリカ競馬の殿堂入りしている。

馬名「ホーリーブル」はアメリカ英語スラングで、本馬の最初の馬主がファンだったニューヨーク・ヤンキースの名物解説者・フィル・リズートが多用した感嘆語「Holy Cow!(すげえ!)」が語源である。しかし「Cow」は雌牛の意味であるので、ホーリーブルの性別に合わせ「Bull(雄牛)」と改変された[2]

戦績[編集]

父グレートアバブは、近親に名馬ドクターフェイガーがいるものの、63戦13勝とタフに走り続けたが勝ち鞍はG3までのマイナー種牡馬。母シャロンブラウンも血統、成績ともに目立つところはなく、ホーリーブルは血統的には二流、三流のサラブレッドだった。

ホーリーブルの初戦は1993年8月14日だったが、この当日の朝、最初の馬主であるレイチェル・カーペンターが死去する。その数時間後にメイドン(新馬・未勝利戦)でデビューを迎えたホーリーブルは、2馬身半差でこれに勝利した。その後ホーリーブルは管理調教師ウォーレン・クロール・ジュニア英語版に遺贈された。この年4戦4勝。3戦目のフューチュリティステークス (G1) ではこの年のエクリプス賞最優秀2歳牡馬となるデヒアを下して優勝した。

1994年は1月のハッチスンステークス英語版 (G2) から始動し優勝。次に出走したファウンテンオブユースステークス英語版 (G2) でデヒアに敗れ連勝は5でストップするが、フロリダダービー (G1) 、ブルーグラスステークス (G2) を連勝。大本命としてケンタッキーダービーへと駒を進める。だがここでスタートに失敗し得意の逃げを打てずに12着と大敗を喫してしまう。ここでクラシック戦線から外れ、メトロポリタンハンデキャップ (G1) に出走。古馬との初対戦となったが、この年のブリーダーズカップ・スプリントを制するチェロキーラン英語版以下に5馬身半差をつけ優勝すると、9月のウッドワードステークスまでG1競走4つを含む5連勝。その間にこの年のブリーダーズカップ・クラシック[3]の1、2着となるコンサーン英語版タバスコキャットに勝利したほか、ケンタッキーダービー馬ゴーフォージン英語版に雪辱を果たした。この年10戦8勝、うちG1競走5勝という成績でエクリプス賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬のタイトルを受賞[1]し、フリーハンデキャップ[4]では、2位コンサーンに6ポンドの差を付けて全世代中最高評価となる130ポンドの評価を受けた。

1995年は初戦の準重賞を快勝したが、次に臨んだドンハンデキャップ (G1) で競走中に故障を発生し競走中止、同競走を最後に競走馬引退が決まった。なおこのときの優勝馬は、このあとサイテーションに並ぶ16連勝を達成するシガーであり、ホーリーブルとはこれが最初で最後の対戦となった。

年度別競走成績[編集]

競走馬引退後[編集]

競走馬引退後の1996年からジョナベルファームで種牡馬となり[1]、2012年に引退[1]するまで供用された。種牡馬としても活躍しており、自身が敗れたケンタッキーダービーを制したジャコモ[1]ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルを制したマッチョウノ[1]などを輩出している。

2001年アメリカ競馬殿堂入りし、その名を冠したG3競走「ホーリーブルステークス英語版」が創設された。

日本でも何頭か産駒が走ってはいるが、数はあまり多くない。おもだったところでは、2003年シンザン記念で3着に入ったエイシンブーン、2002年兵庫チャンピオンシップ2着馬エストレーノと2012年コーラルステークス優勝馬インオラリオ[5]兄弟[6]がいる。

おもな産駒[編集]

※記載競走はG1

  • ジャコモ/Giacomo(ケンタッキーダービーなど重賞2勝)
  • マッチョウノ/Macho Uno(グレイブリーダーズカップステークス、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルなど重賞4勝)
  • コンフェッショナル/Confessional(フリゼットステークスなど重賞3勝)
  • ポハヴ/Pohave(トリプルベンドブリーダーズカップ招待ハンデキャップなど重賞2勝)
  • ビショップコートヒル/Bishop Court Hill(カーターハンデキャップなど重賞2勝)
  • フラッシーブル英語版/Flashy Bull[1](スティーブンフォスターハンデキャップなど重賞2勝)
  • ウォークアップドリーミン/Woke Up Dreamin(重賞2勝)
  • ターンオブザセンチュリー/Turnofthecentury(重賞1勝)
  • エスティムラール/Estimraar(重賞1勝)

血統表[編集]

ホーリーブル血統ヒムヤー系/Mahmoud 4×5=9.38%)

Great Above
1972 黒鹿毛
Minnesota Mac
1964 鹿毛
Rough'n Tumble Free for All
Roused
Cow Girl Mustang
Ate
Ta Wee
1966 黒鹿毛
Intentionally Intent
My Recipe
Aspidistra Better Self
Tilly Rose

Sharon Brown
1980 芦毛
Al Hattab
1966 芦毛
The Axe Mahmoud
Blackball
Abyssinia Abernant
Serengeti
Agathea's Dawn
1970 芦毛
Grey Dawn Herbager
Polamia
Agathea I Will
Alxanth F-No.16-a
  • 3代父Rough'n Tumbleと3代母Aspidistraの産駒に、名馬ドクターフェイガーがいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Claire Novak (2012年7月8日). “Stallion Holy Bull Pensioned” (英語). BloodHorse.com. 2012年7月19日閲覧。
  2. ^ 優駿』2001年4月号 p.66「世界の名馬」
  3. ^ ホーリーブルの父グレートアバブは種牡馬としてのブリーダーズカップ登録がなく、ホーリーブルが出走するためには20万ドル近い高額な追加登録料が課せられたため、出走しなかった。
  4. ^ 斤量数値で表す競走能力の評価方法。
  5. ^ 伏兵インオラリオがレコードV/コーラルS” (日本語). netkeiba.com (2012年3月31日). 2012年7月19日閲覧。
  6. ^ スミヨン騎乗のインオラリオが逃げ切る/東京ゴールデンP” (日本語). netkeiba.com (2010年10月31日). 2012年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]