ホーム・ガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタンダード軽装甲車に乗ったホーム・ガードの兵士

ホーム・ガード(英:Home Guard)とは、第二次世界大戦中のイギリスで編成された民間軍事組織である。ドイツ軍に対する本土決戦に備えて、17歳から65歳までの男性義勇兵により組織され、総兵力は150万人と公称した。初期には地域防衛義勇隊(仮訳:Local Defence Volunteers, LDV)と呼ばれた。ナチス・ドイツ国民突撃隊日本国民義勇隊に相当する。日本語では郷土防衛隊国防市民軍兵などと訳すことがある。

沿革[編集]

第二次世界大戦の勃発後、ドイツ空軍によるイギリス本土爆撃(バトル・オブ・ブリテン)が始まると、イギリスではドイツ軍の上陸に備えた民兵組織が検討され始めた。特に西部戦線での戦況が悪化すると、ドイツ軍の空挺部隊第五列を想定した自衛武装の許可を求める市民の声が高まった。イギリス陸軍は統制の困難を理由に難色を示していたが、1940年5月に、政府の後援による民間防衛組織の設立が決定された。組織名は「地域防衛義勇隊」(仮訳:Local Defence Volunteers, LDV)と命名された。

1940年5月14日、アンソニー・イーデン大臣がラジオで、地域防衛義勇隊への登録を呼びかけた。参加資格は17歳から65歳までのイギリス本土在住の男性のうち、現役の兵役に就いていない者とされた。政府は15万人程度の志願者を見込んでいたが[1]、最初の1週間だけで約25万人が各地の警察署で義勇兵登録を行った。1か月で登録者数は75万人となり、7月までには登録者数150万人に達した。

ほとんど具体的な計画が決まらないままに呼びかけが始まったため、設立にはかなりの混乱が生じた。組織名すらも、兵員募集開始後の6月22日になって「ホーム・ガード」に変更され、それまでにLDVの識別腕章が生産されてしまっていたのが無駄になった。

その後、政府の援助の下で武器の配布や訓練が進められた。初期の訓練ではスペイン内戦国際旅団の参加者が自主的に指導を行っていたが、9月からは陸軍の指導による正式な訓練が始まった。ドイツ軍の上陸の危険がなくなった1944年12月3日まで活動が続けられた。第二次世界大戦終結後の1945年末日に解散となった[1]

装備[編集]

ホーム・ガードの装備の例。火炎瓶や急造迫撃砲など。
スミス砲。向かって右がスミス砲本体で、左が弾薬運搬車。砲架を横倒しにして、向かって左側の車輪を台座に射撃する。

西部戦線での敗北により、イギリスでは正規陸軍の装備すら不足していた。そのため、ホーム・ガードには旧式兵器や応急生産された武器が配備された。例えば小火器は、リー・エンフィールド小銃の旧型やアメリカ仕様のP14エンフィールドP17en[1]、第一次世界大戦時のルイス軽機関銃などであった。

また、制服は支給されなかった為、各人が動きやすい服装をした上でホーム・ガード隊員を示す腕章をする事になっていた。この辺りの事情は、ドイツの国民突撃隊と似ている。

ホーム・ガードが装備した特異な兵器としては以下が挙げられる。

関連組織[編集]

第二次世界大戦期のイギリスでは、ホーム・ガード以外にも次のような民兵組織が作られていた。

女性本土防衛隊(Women's Home Defence, WHD)
女性についてはホーム・ガードへの参加が認められていなかったため、独自の組織が作られた。当初はアマゾーン防衛軍団(Amazon Defence Corps)などの組織に分かれていた。
王立防空監視軍団(Royal Observer Corps, ROS)
第一次世界大戦から存在した防空監視のための義勇兵組織。第二次世界大戦中は、イギリス空軍の指揮下で空襲に対する目視警戒を行った。冷戦期には核戦争を想定した民間防衛を任務とした。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]