ホープ湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホープ湾英語: Hope Bay)は、南極半島先端のトリニティ半島(Trinity Peninsula)に位置する湾である。長さ5km、幅3kmで、南極海峡に向かって開いている。

1902年1月15日オットー・ノルデンショルド(Otto Nordenskiöld)が率いるスウェーデン探検隊によって発見された。ノルデンショルドは、船が氷に押しつぶされた失なわれた後ここですごした冬を記念して命名した。ノルデンショルドらはアルゼンチンのコルベットによって救助された。探検隊のメンバーによって作られた石の小屋の残骸が今でも残っている。

1945年イギリス基地Dがここに作られた。1948年に一部が焼失し、1964年に閉鎖された。1997年12月8日英南極調査所(British Antarctic Survey)は基地をウルグアイに譲渡した。ウルグアイはそこをTeniente Ruperto Elichiribehety Uruguayan Antarctic Scientific Stationと改名した。

1952年アルゼンチンの基地、エスペランサ基地(Esperanza)が作られた。そこにはアルゼンチン陸軍が駐留し、その家族も住んでいる。1978年にはそこで南極では初めて人が生まれた。