ホーソン (ポートランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホーソン・ディストリクト

アメリカ合衆国オレゴン州ポートランドホーソン・ディストリクトHawthorne District)は、ポートランド南東部の(特に30番通り(30th Avenue)から42番通り(42nd Avenue)に至るまでの)ホーソン・ブルバード(SE Hawthorne Blvd.)沿いの地域を指す。リベラルで若者が多い住民層と、歩行者に優しい密集した複合用途開発で知られる。古くはジェネレーションXやヒッピーの住民が多く、最近ではヒップスターの住民が多い。ホーソンの古風な民家や共同住宅、地域主体の商店やレストランがその居住者を惹きつけている。

ホーソン・ブルバード商業組合(Hawthorne Boulevard Business Association)は、12番通り(SE 12th Avenue)から60番通り(SE 60th Avenue)までのホーソン沿いの地元企業を支援している。この範囲でホーソン・ブルバードが通過する地区は、バックマン地区、ホスフォード=アバネシー地区、サニーサイド地区、リッチモンド地区、マウント・テイバー地区である。

ホーソン・ブルバードは、オレゴン州で最初の精神病院の共同設立者であるJ.C.ホーソン博士の名に因んでいる。この道は元々はアサイラム・アベニュー(直訳:精神病院通り)の名で呼ばれていた。1883年、オレゴン州立病院がセーラムへ移転したことを受けて、ホーソン博士を称えた現在の名称に変更された。この改称は、アサイラム・アベニューという「不快な」名前からの脱却を強く望んだ地域住民からの要請で実現した。[1]

名所[編集]

出典[編集]

  1. ^ Historic Context: Hawthorne Boulevard from SE 20th to SE 55th Ave (PDF), Hawthorne Boulevard Transport Improvements Project, February 2003. p.9 of the PDF, numbered as p.7 in the document.

外部リンク[編集]