ホースチェスナット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホースチェスナット
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1995年8月19日
フォートウッド
ロンドンウォール
母の父 コルピッケリング
生国 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
生産 ハリー・オッペンハイマー
馬主 ハリー・オッペンハイマー
&ブリジット・オッペンハイマー
調教師 マイケル・デコック南アフリカ
競走成績
生涯成績 10戦9勝
獲得賞金 47万4036ドル(ドル換算)
テンプレートを表示

ホースチェスナットHorse Chestnut1995年8月19日 - )は南アフリカ共和国競走馬1999年に南アフリカ三冠を達成したほか、北アメリカでも勝利した。1998年 - 1999年[1]南アフリカ年度代表馬。馬名は英語セイヨウトチノキ(馬栗)のこと。調教師ドバイでの活躍で知られるマイケル・デコック (Michael de Kock) 。

概要[編集]

1998年に南アフリカでデビュー。1999年にはケープアーガスギニーズ (G1) 、サウスアフリカンクラシック (G1) 、サウスアフリカンダービー (G1) をすべて圧勝し55年ぶりに三冠を達成した。とくにケープアーガスギニーズは6馬身と4分の3差、サウスアフリカンダービーは10馬身差もの大差での勝利であった。古馬が相手のJ&Bメトロポリタンステークス (G1) も8馬身と4分の1差で圧勝しており、この年の年度代表馬にも選出されている。

2000年は当初予定したヨーロッパ遠征がケープタウンで発生した家畜伝染病(アフリカ馬疫)のため困難になったことから北アメリカへの遠征を敢行[2]。2か月以上の検疫のうえ、約8か月振りの出走となった初ダート、ブロワードハンデキャップ (G3) を2番人気ながら5馬身半差で勝利、ここを叩き台にG1ドンハンデキャップを目指したが、左前肢の骨折[2]で引退を余儀なくされてしまった。

引退後はアメリカ合衆国種牡馬として供用されていたが、産駒の多くが芝への適性を示したことからダート競走が中心のアメリカでは種牡馬としての人気がじょじょに下降していく[2]。そのため2009年からは生まれ故郷のケープタウンで供用されることになった。 また、南アフリカではこの馬を記念し、ホースチェスナットステークス (G1) が行われている。

血統表[編集]

ホースチェスナット血統サドラーズウェルズ系 / Nearco5×5×5=9.38%、Donatello II5×5=6.25%

Fort Wood
1990 鹿毛
Salder's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Fairy Bridge Bold Reason
Special
Fall Aspen
1976 栗毛
Pretense Endeavour
Imitation
Change Water Swaps
Portage

London Wall
1978 鹿毛
Col Pickering
1971 鹿毛
Wilwyn Pink Flower
Saracen
Julie Andrews Shantung
Eliza Doolittle
Nalatale
1966 芦毛
Grey Sovereign Nasrullah
Kong
Antalya Acropolis
Rosario F-No.1-p

脚注[編集]

  1. ^ 南アフリカの競馬8月から翌年7月までを1シーズンとする。
  2. ^ a b c 『優駿』(日本中央競馬会)2009年7月号

外部リンク[編集]