ホーカーセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポールのホーカーセンター

ホーカーセンター英語: Hawker centre, 中国語: 小販中心,熟食中心)は香港マレーシアシンガポールリアウ諸島州などで、廉価な飲食店の屋台や店舗を集めた屋外複合施設である。典型的なホーカーセンターは公共住宅やバスターミナル、鉄道駅の近くなど人が多く集まる場所に設けられている。

概要[編集]

ホーカーセンターは急速な都市化に伴って、1950年代から1960年代にかけ広がった。多くの場合、通りの無認可の屋台の商人や不衛生な飲食物の問題を解決するために設けられた[1]。最近では旧来のホーカーセンターはマレーシアやシンガポールでは経済成長により都市住民の生活水準の向上によって以前ほど広がらなくなった。とくにシンガポールではフードコートに置き換えられエアコンが効いた屋内の施設になり、ショッピングモールや他の商業地に入る形のホーカーセンターが増えている。

1950年代や1960年代はホーカーセンターは富裕層には向かない場所だと考えられていた。不衛生な飲食物や家庭で飼われているペットや小動物が紛れ込むと言う評判があった。多くのホーカーセンターは運営者の貧弱な管理により水道が無かったり、衛生設備が欠けていた。現在ではそう言ったことは無くなり、地元行政当局の規制により標準的な衛生状態に改善されている。ホーカーセンターでの運営には認可が必要で衛生面に関しては厳しく規制され必要な事項が定められている。それぞれの飲食店には衛生基準のステッカーが貼られその店舗の衛生状態が分かるようになっている。ホーカーセンター内の店舗はA(優良店)からE(不合格)までの基準のうちBランクの店舗が多くCランクの店舗もある。[2]

1990年代後半のシンガポールでは、ホーカーセンターの改築や刷新が行われた。また、同時期にホーカーセンターはフードセンターと名称も変えられている。シンガポールではホーカーセンターは環境省の下にある国家環境庁 (NEA)、シンガポール政府住宅公団 (HDB)、ジュロン・タウン公社 (JTC) の3つの機関により所有されている。香港のホーカーセンターは住宅地区の複合商業施設に立地している。ホーカーセンターの店舗は旧来の飲食店の集まった施設である大牌檔から転換されたもので規制当局により厳しく管理されている。香港のホーカーセンターの管轄は食物環境衛生署にある。

著名なホーカーセンター[編集]

シンガポール[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英語での"Hawker"は、容易に移動できる状態で商品を売る商人であり、行商人や呼び売り商人と同義語である。
  2. ^ AllAbout シンガポールの屋台・フードコート

関連項目[編集]