ホンダ・ジェイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダ・ジェイド
No motorcycle.png
基本情報
排気量クラス 普通自動二輪車
車体形式 MC23
エンジン MC14E型 249cc 
内径x行程 / 圧縮比 48.5mm x 33.8mm / 11.5:1
最高出力 40ps/14,000rpm
最大トルク 2.4kg-m/11,000rpm
テンプレートを表示

ホンダ・ジェイド(JADE)とは、本田技研工業が製造販売していたオートバイである。

概要[編集]

1991年3月15日に発売。型式名MC23。車名のJADEは、英語で翡翠(ヒスイ)を意味する。

1996年に後継のホーネット250の発売に伴い生産終了。

車両解説[編集]

発売当時はブームから、ライバル各社も250ccクラスで直列4気筒エンジン搭載したネイキッドモデルを販売しており、対抗する形で発売された。

搭載されるエンジンは、1986年に製造されたCBR250FOURからキャリーオーバーされ続ける水冷4ストロークカムギアトレーン4バルブDOHC直列4気筒のMC14E型である。

ただしエンジン特性は同時期に販売されていた同型エンジン搭載のレーサーレプリカモデルCBR250RRより中低速トルクに振ったチューニングが施され、比較するとマイルドで扱いやすくされた。

遍歴[編集]

  • 1991年3月15日 発売
車名ロゴはサイドカバーに表記
メーターは、スピード/タコ異径タイプ
車体色は、緑(タスマニアグリーンメタリック)・黒(グラニットブルーメタリック)・赤(キャンディブルゴーニュレッド)の3色
  • 1992年4月7日 JADE/S(ジェイド・スラッシュエス)を追加
車体色にツートーンカラー(ブラック/ミースブルーメタリック、キャンディブルゴーニュレッド/ブラック)を採用
車名ロゴマークを変更、タンクの「HONDA」ロゴ下に「Super Quarter」ロゴを追加
ヘッドライトON/OFFスイッチを廃止し、常時点灯化(単色モデルも同様の変更を受ける)
エンジンにグレーメタリック塗装を施工
シリンダーヘッドカバー・左側クランクケースカバーをバフ仕上げに変更
右側クランクケースカバー(ACジェネレーター部)をスピンバフ風仕上げに変更
ラジエーター両サイドにバフ仕上げのメタルプレートをセット
シート表皮を変更、タンデム部のシート縁にパイピングを追加
メーターをスピード/タコ同径に変更、メーターボディにクロムメッキ処理を施工
前後ブレーキキャリパーをブラック仕上げに変更
前後ホイールリムをブラック仕上げに変更(ブラックリムは/Sのみの装備)
  • 1993年6月10日 マイナーチェンジ
各部装備・仕様は/Sで採用されたものを基本的に踏襲
ただしホイールリムは初期モデル同様のポリッシュ仕上げを採用
車名ロゴ表記場所をサイドカバーからタンクに変更(ロゴ書体は/Sのものを継承、「HONDA」ロゴは車名ロゴ下に小さく表記)
サイドカバーには「Super Quarter」ロゴのみを配置
車体色は赤を廃止、紫(ヴォーテクスパープルメタリック)を追加、黒の色味を変更(グラニットブルーメタリック→ブラック)
シート表皮を変更(初期モデル・/Sのいずれとも異なる表皮パターンを採用、タンデムシート部パイピングは/Sから継承)
  • 1996年 生産中止

関連項目[編集]

外部リンク[編集]