ホンキン・オン・ボーボゥ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンキン・オン・ボーボゥ
エアロスミスカバー・アルバム
リリース 2004年3月30日
録音 2003年
ジャンル ブルースロックハードロック
時間 43分57秒(アメリカ盤)
47分40秒(日本盤)
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース スティーヴン・タイラージョー・ペリージャック・ダグラス、マーティ・フレデリクセン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 5位(アメリカ)[1]
  • 6位(日本)[2]
  • 17位(スイス)[3]
  • 22位(オーストリア)[4]
  • 28位(イギリス)[5]
  • 32位(ドイツ)[6]
エアロスミス 年表
アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ
(2002年)
ホンキン・オン・ボーボゥ
(2004年)
ロッキン・ザ・ジョイント
(2005年)
テンプレートを表示

ホンキン・オン・ボーボゥ』(Honkin' on Bobo)は、エアロスミス2004年に発表したカバー・アルバム。

解説[編集]

ブルースの楽曲のカバーを中心とした内容で、オリジナルの新曲は「ザ・グラインド」のみ。レコーディングは主に一発録りで行われ、2003年に行われたキッスとのダブル・ヘッドライナー・ツアーでは、収録曲のうち数曲がアルバム発表に先行して演奏された[7]

アルバムは全米5位に達し、第1弾シングル「ベイビー、プリーズ・ドント・ゴー」はビルボード誌のメインストリーム・ロック・チャートで7位に達した[1]

本作に伴うアメリカ・ツアーは、チープ・トリックをスペシャル・ゲストに迎えて行われた[8]

収録曲[編集]

  1. ロード・ランナー - Road Runner (Ellas McDaniel) - 3:44
  2. シェイム・シェイム・シェイム - Shame, Shame, Shame (Ruby Fisher, Kenyon Hopkins) - 2:14
  3. アイサイト・トゥ・ザ・ブラインド - Eyesight to the Blind (Sonny Boy Williamson II) - 3:09
  4. ベイビー、プリーズ・ドント・ゴー - Baby, Please Don't Go (Big Joe Williams) - 3:23
  5. ネヴァー・ラヴド・ア・ガール - Never Loved a Girl (Ronny Shannon) - 3:12
  6. バック・バック・トレイン - Back Back Train (Fred McDowell) - 4:23
    • フレッド・マクダウェルが1968年に発表した曲。リード・ボーカルはジョー・ペリーが担当。
  7. ユー・ガッタ・ムーヴ - You Gotta Move (Rev. Gary Davis, F. McDowell) - 5:30
  8. ザ・グラインド - The Grind (Steven Tyler, Joe Perry, Marti Frederiksen) - 3:46
    • オリジナル曲。
  9. アイム・レディ - I'm Ready (Willie Dixon) - 4:13
  10. テンパラチュア - Temperature (Joel Michael Cohen, Walter Jacobs) - 2:51
  11. ストップ・メッシン・アラウンド - Stop Messin' Around (Clifford Adams, Peter Alan Green) - 4:29
  12. ジーザス・イズ・オン・ザ・メイン・ライン - Jesus Is on the Main Line (Traditional) - 2:48

日本盤ボーナス・トラック[編集]

  1. ジェイディッド - Jaded (S. Tyler, M. Fredriksen) - 3:34

参加ミュージシャン[編集]

ゲスト・ミュージシャン

  • ジョニー・ジョンソン - ピアノ
  • ポール・サント - ピアノ、エレクトリックピアノハモンドオルガン
  • メンフィス・ホーン - ホーン・セクション
  • トレイシー・ボーナム - バッキング・ボーカル
  • チェルシー・タイラー - バッキング・ボーカル
  • レイラ・エル=アミン - バッキング・ボーカル

脚注[編集]