ホワイトナイトツー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホワイトナイトツー

2008年7月28日に行われたホワイトナイトツーのロールアウトと命名の式典

2008年7月28日に行われたホワイトナイトツーのロールアウトと命名の式典

2008年12月21日に行われたVMS Eveの初飛行
VMS Eveの機首のデザイン
ホワイトナイトツーで使用されたPW308

スケールド・コンボジッツ モデル348 ホワイトナイトツー (Scaled Composites Model 348 WhiteKnightTwo, WK2)は、スペースシップツー宇宙船を発射するために使用される、輸送用のジェット航空機である。これはスケールド・コンポジッツによって、二段階の有人弾道飛行発射システムであるTier 1bの第一段階として開発された。ホワイトナイトツーは、スペースシップワンの母艦であるホワイトナイト(これはプロテウスに基づいて開発された)の成功に基づいている。

ヴァージン・ギャラクティックは2機のホワイトナイトツーを発注済みである[2]。ホワイトナイトツーとスペースシップツーは、ヴァージン・ギャラクティックが行う弾道飛行で使用されるスペースプレーンのベースとなっている。

最初のホワイトナイトツーはリチャード・ブランソンの母に因んでVMS Eveと名づけられた。これは2008年7月28日に公式に公開され、2008年12月21日に初飛行を行った。二番目のホワイトナイトツーは、ブランソンの親しい友人であるスティーヴ・フォセットに因んでVMS Spirit of Steve Fossettと名づけられる予定である。[3][4]

設計[編集]

ホワイトナイトツーは、大型のスペースシップツー宇宙船を輸送(en:captive carry)するために、ホワイトナイトに比べておよそ3倍の大きさがある。[5] ホワイトナイトツーは、B-29 スーパーフォートレスと同程度の翼幅である。大きさの比較とは関係なく、ホワイトナイトツーは完全に最新の航空機である。フライトコントロールケーブルでさえ、カーボンファイバー製の、新しく特許を受けた設計である。[6]

実際の弾道飛行の前に、ホワイトナイトツーは数秒間の無重力状態を体験できる、プレビュー飛行を行う。ホワイトナイトツーは、およそ60,000フィート(18km)の実用上限高度を持つことを意図しており、乗客にダークブルーの空を提供する。これにより、乗客は本当の飛行の前に訓練を行うことが出来る。[7]

ホワイトナイトツーは双胴機であり、それぞれの機体に2つずつのジェットエンジンを持つ。[8]ひとつの機体はスペースシップツーの正確なレプリカである(乗客の訓練を行うため)。もうひとつの機体は、割引料金の日帰り旅行客を成層圏へ運ぶためのものである。[9]

ホワイトナイトツーの設計は、サイズ・尾翼・エンジンの構成・コクピットの配置など、ホワイトナイトと完全に異なる。ホワイトナイトは2つのT字尾翼であったが、ホワイトナイトツーは2つの十字尾翼である。エンジンの構成も大きく異なっている。ホワイトナイトツーではエンジンを翼の下に吊り下げているが、ホワイトナイトでは唯一のコクピットの両側に配置していた。

仕様[編集]

出典: [10][11]

諸元

性能

  • 超過禁止速度: km/h (kt)
  • 最大速度: km/h (kt)
  • 巡航速度: km/h (kt)
  • 失速速度: km/h (kt)
  • フェリー飛行時航続距離: km (海里)
  • 航続距離: km (海里)
  • 実用上昇限度: 21.3 km (70,000 ft)
  • 上昇率: m/min (ft/s)
  • 翼面荷重: kg/m2 (lb/ft2


お知らせ。 使用されている単位の解説はウィキプロジェクト 航空/物理単位をご覧ください。


参照[編集]

  1. ^ WK2 Rollout Audio Clips (parts 4 & 6)”. Movaje Skies (2008年7月30日). 2009年3月10日閲覧。
  2. ^ Malik, Tariq (2008年1月23日). “Virgin Galactic Unveils Suborbital Spaceliner Design”. SPACE.com. 2008年1月25日閲覧。
  3. ^ Burack, Ari (2007年10月10日). “Sir Richard Branson...”. San Francisco Sentinel. 2008年2月28日閲覧。
  4. ^ Spaceship Company unveils design of SpaceShipTwo”. Pravda Online (2008年1月23日). 2008年1月25日閲覧。
  5. ^ Something dangerous and new”. thespacereview.com (2007年8月28日). 2007年8月28日閲覧。
  6. ^ David, Leonard. "Virgin Galactic Spaceline: Mega-Mothership Set for Rollout Debut". Space.com 2008年6月6日
  7. ^ Leonard David (2006年8月11日). “Burt Rutan on Civilian Spaceflight, Breakthroughs, and Inside SpaceShipTwo”. Space.com. 2007年8月25日閲覧。
  8. ^ Kenny Kemp (March 2007). Destination Space. Virgin Books. 
  9. ^ Spencer Reiss (2007年5月22日). “Burt Rutan and Richard Branson Want You to Hit Space in High Style”. Wired.com. 2007年8月25日閲覧。
  10. ^ Pratt & Whitney Canada PW308 Engine to Power Virgin Galactic's Suborbital Spaceship Launcher”. Pratt & Whitney Canada (2007年7月11日). 2007年8月25日閲覧。
  11. ^ Will Whitehorn and Alex Tai (2007年7月22日). “Virgin Galactic presentation Oshkosh Theater in the Woods 2007”. BrightCove.TV. 2007年9月22日閲覧。
  12. ^ Rob Coppinger (2008年12月9日). “Virgin Galactic in SpaceShipThree talks”. Flightglobal. 2008年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]