ホワイトチャペル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯51度30分59秒 西経0度04分30秒 / 北緯51.5165度 西経0.0750度 / 51.5165; -0.0750

ホワイトチャペル
英語: Whitechapel
Royal London Hospital redevelopment.jpg
新しいロイヤル・ロンドン・ホスピタルの建物
ホワイトチャペルの位置(グレーター・ロンドン内)
ホワイトチャペル
ホワイトチャペル

 グレーター・ロンドンにおけるホワイトチャペルの位置
人口 12,558人 
英式座標 TQ335815
ロンドン特別区 タワーハムレッツ
セレモニアル
カウンティ
グレーター・ロンドン
リージョン ロンドン
構成国 イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域 LONDON
郵便番号 E1
市外局番 020
警察 メトロポリタン
消防 ロンドン
救急医療 ロンドン
欧州議会 ロンドン
ロンドン議会 シティ・アンド・イースト
都市一覧: イギリス • イングランド • ロンドン

ホワイトチャペル (Whitechapel) は、イングランドロンドン市街、タワーハムレッツ特別区にあるインナーシティ地区。チャリング・クロスの5.5 km (3.4 mi)東に位置し、西側では概ねビショップスゲート、北側ではファッション・ストリート、東側ではブレイディ・ストリートとキャヴェル・ストリート、南側ではザ・ハイウェイと、それぞれの通りが境界となっている。バングラデシュ系英国人を中心に、多様な民族が居住している。1880年代後半の悪名高い連続殺人鬼、切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)の犯行現場としてよく知られる。これまでに100人以上の容疑者が犯人の候補に挙げられてきたが、真犯人は事件から1世紀余りを経た2012年現在も未だ判明していない。

歴史[編集]

1905年のホワイトチャペル・ハイ・ストリート

ホワイトチャペルの中心はホワイトチャペル・ロードとしてさらに東へと延びるホワイトチャペル・ハイ・ストリートで、聖マリアに捧ぐ小さな教会 (chapel of ease) に因んで名付けられた。教会の教区牧師は1329年のHugh de Fulbourneで、理由は不明だが、1338年頃にはSt Mary Matfelonと呼ばれる、ホワイトチャペル地区の教区教会となった。教会は第二次世界大戦中の攻撃により破壊されたが、跡地とその共同墓地のあった場所は現在、通りの南側に面しており、公園になっている[1][2]

ホワイトチャペル・ハイ・ストリートとホワイトチャペル・ロードは現在、A11道路の一部を成している。これらは古くはシティ・オブ・ロンドンコルチェスターを結ぶローマ街道の最初の区間だった[3]。後の時代には、このルートを通ってロンドン市内を行き来する旅行者はホワイトチャペル・ハイ・ストリート沿いのコーチング・イン(現代でいうロードサイド型のパブモーテルに近い)に宿泊するようになった[1]

16世紀の後半に入る頃には、ホワイトチャペルの郊外と周辺地域はロンドンの"もう半分"になり始めていた。アルドゲイトの東側、市壁の外側で役所の統制が及ばない場所に位置し、特に皮なめし工場や醸造所、鋳造所 (フィラデルフィア自由の鐘ビッグ・ベンを鋳造したホワイトチャペル・ベル・ファンドリーが代表的) および食肉処理場などの悪臭を放つ業務を扱う工業施設が集積した。

In 1680, the Rector of Whitechapel, the Rev. Ralph Davenant, of the parish of St. Mary Matfellon, bequeathed a legacy for the education of forty boys and thirty girls of the parish – the Davenant Centre is still in existence although the Davenant Foundation School moved from Whitechapel to Loughton in 1966.

17世紀から19世紀半ばにかけて、産業や商業の利益を求めて田舎の地方からロンドンへと人口が流入した結果、ホワイトチャペル周辺には多くの貧困者が定住するようになった。

1797年、ノアの反乱で中心的役割を担ったことで絞首刑にされたリチャード・パーカーの遺体が夫人に引き取られ、ホワイトチャペルにて埋葬(教会葬)された。埋葬前の遺体を見ようと、群衆が押し寄せた。

By the 1840s Whitechapel, along with the enclaves of Wapping, Aldgate, Bethnal Green, Mile End, Limehouse, Bow, Bromley-by-Bow, Poplar, Shadwell and Stepney (collectively known today as "the East End"), had evolved, or devolved, into classic "Dickensian" London, with problems of poverty and overcrowding. Whitechapel Road itself was not particularly squalid through most of this period—it was the warrens of small dark streets branching from it that contained the greatest suffering, filth and danger, such as Dorset Street (now a private alley but once described as "the worst street in London"[4]), Thrawl Street, Berners Street (renamed Henriques Street), Wentworth Street and others.

ウィリアム・ブース began his Christian Revival Society, preaching the gospel in a tent, erected in the Friends Burial Ground, Thomas Street, Whitechapel, in 1865. Others joined his Christian Mission, and on 7 August 1878 the 救世軍 was formed at a meeting held at 272 Whitechapel Road.[5] A statue commemorates both his mission and his work in helping the poor.

エドワード7世を偲ぶ銘板

ヴィクトリア朝においては、多くの移民、とりわけアイルランド人とユダヤ人の転入によってイングランドに居住する民族の貧困層の基礎的な人口は増大した。1883年から1884年、イディッシュ劇場の舞台俳優ジェイコブ・アドラーは「このホワイトチャペルへ深く入り込むほど、より心が沈むのだ。ここはロンドンなのか?ロシアでも、後年のニューヨークの最貧のスラム街でも、1880年代のロンドンのような貧困を目にすることはないだろう。」と記した。[6]この特有の貧困状態に置かれては、多くの女性が売春婦へと駆り立てられた。1888年10月の時点で、ロンドン警視庁はホワイトチャペルには1,200人の"かなり階級の低い"売春婦と62の売春宿が存在すると推定した[7]。 Reference is specifically made to them in チャールス・ブースの著書『ロンドン市民の生活と労働』の中では、特にブラックウォール・レールウェイに属するブラックウォール・ビルディングと呼ばれる貧相な住宅について言及されている。

これらの売春婦は11件のホワイトチャペル連続殺人事件に関係しており、そのうちの数名は伝説的な連続猟奇殺人鬼として知られる切り裂きジャックによって殺害された。これらの襲撃事件は地区内および全国の広い範囲に恐怖を与え、当地区の不潔さや不道徳さの改革に意気込む社会活動家の注目を集めた。しかしながら、21世紀の今日においてもこれらの犯罪は未解決である。[8]

18世紀から現存するロイヤル・ロンドン・ホスピタルの旧館

In 1902, American author Jack London, looking to write a counterpart to Jacob Riis's seminal book How the Other Half Lives, donned ragged clothes and boarded in Whitechapel, detailing his experiences in The People of the Abyss. Riis had recently documented the astoundingly bad conditions in large swaths of the leading city of the United States. London, a socialist, thought it worthwhile to explore conditions in the leading city of the nation that had invented modern capitalism. He concluded that English poverty was far rougher than the American variety. The juxtaposition of the poverty, homelessness, exploitive work conditions, prostitution, and infant mortality of Whitechapel and other East End locales with some of the greatest personal wealth the world has ever seen made it a focal point for leftist reformers and revolutionaries of all kinds, from George Bernard Shaw, whose Fabian Society met regularly in Whitechapel, to Vladimir Ilyich Lenin, who boarded and led rallies in Whitechapel during his exile from Russia. The area is still home to Freedom Press, the anarchist publishing house founded by Charlotte Wilson.

The "Elephant Man", Joseph Carey Merrick (1862–1890) became well known in Whitechapel – he was exhibited in a shop on the Whitechapel Road before being helped by Dr Frederick Treves (1853–1923) at the Royal London Hospital, opposite the actual shop. There is a museum in the hospital about his life.

Whitechapel remained poor (and colourful) through the first half of the 20th century, though somewhat less desperately so. It suffered great damage in the Blitz and from the German V-weapon attacks of World War II. Since then, Whitechapel has lost most of its notoriety.

著名な出身者および居住者[編集]

生誕した人物[編集]

居住者あるいは縁のある人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ben Weinreb and Christopher Hibbert (eds) (1983) "Whitechapel" in The London Encyclopaedia: 955-6
  2. ^ Andrew Davies (1990)The East End Nobody Knows: 15–16
  3. ^ 'Stepney: Communications', A History of the County of Middlesex: Volume 11: Stepney, Bethnal Green (1998), pp. 7–13 accessed: 9 March 2007
  4. ^ Ripper Casebook: 1901 The Worst Street in London accessed 5 May 2007
  5. ^ 1878 Foundation Deed Of The Salvation Army accessed 15 February 2007
  6. ^ Jacob Adler, A Life on the Stage: A Memoir, translated and with commentary by Lulla Rosenfeld, Knopf, New York, 1999, ISBN 067941351. p. 232–233
  7. ^ Donald Rumbelow (2004) The Complete Jack the Ripper: 12. Penguin
  8. ^ Nicholas Connell (2005) Walter Dew: The Man Who Caught Crippen: 7–55