ホランド602型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホランド602型潜水艦
USS H-3 1917 h35850.jpg
艦級概観
建造所 ヴィッカース・カナダ
運用国 Flag of the United States.svg アメリカ海軍
Flag of Chile.svg チリ海軍
Naval Ensign of the United Kingdom.svg イギリス海軍
Naval Ensign of Russia.svg ロシア帝国海軍
Naval Ensign of Ukraine 1918 July.png ウクライナ国海軍黒海艦隊
Red Army flag.svg 赤色海軍
Flag of Italy (1861-1946) crowned.svg イタリア海軍
Canadian Blue Ensign 1957-1965.svg カナダ海軍
Flag of the Netherlands.svg オランダ海軍
War Ensign of Germany 1938-1945.svg ドイツ海軍
就役開始 1915年
退役完了 1950年
性能諸元
排水量 水上:390トン、水中:520トン
全長 46.00 m
全幅 4.9 m
吃水 3.8 m
機関
最大速力 水上:14.5 ノット
水中:10.5 ノット
航続距離
乗員 32名
兵装 魚雷発射管4門、45mm半自動機銃1基または47mm機銃1基

ホランド602型潜水艦 (英語:Holland 602 type submarine) は、第一次世界大戦中最も多く使用された潜水艦H級潜水艦とも呼ばれる。本級はアメリカ合衆国エレクトリック・ボート社で設計された。本級の大半はイギリスヴィッカース社の子会社であるヴィッカース・カナダで建造された。本級はアメリカ、イギリスを初めとする多数の海軍によって運用された。

概要[編集]

本級のプロトタイプは1911年にチリ海軍から発注された2隻の潜水艦であった。313トン/421トンの潜水艦はジョン・フィリップ・ホランドによって設計された 19-Eと19-B であった。しかしながらチリ海軍は艦の受け取りを拒否し、2隻はカナダ海軍に売却、HMCS CC-1 および HMCS CC-2 となった。その後アメリカ海軍向けに design 30 を用いてH-1 (USS H-1, SS-28)、H-2 (USS H-2, SS-29) およびH-3 (USS H-3, SS-30) が建造され、H級潜水艦となる。それらの艦は358トン/434トンまで重量が増加した。

第一次世界大戦勃発後の1914年10月にイギリスの海事局は design 602E を用いた10隻の潜水艦の建造をモントリオールのヴィッカース・カナダに発注する。更に10隻の同型艦が当時中立の立場にあったアメリカ合衆国で、マサチューセッツ州クインシーフォアリバー造船所によって秘密裏に建造された。これらの艦はアメリカ政府に押収されチリ海軍及びカナダ海軍で使用された。第3のグループは1917年から19年にかけてイギリス国内で建造され、それらの大半は第二次世界大戦に参加した。

1915年の夏には8隻の602型潜水艦がイタリア海軍によって発注された。これらはモントリールのヴィッカース・カナダで建造された。

ロシア帝国海軍は合計17隻をカナダに発注した。これらの艦はバラード入り江バーネットに作られた臨時造船所で建造された。これらの艦はウラジオストクからシベリア鉄道サンクトペテルブルクに運ばれ、ロシアの造船所で分解、解析された。これらはロシアでは「アメリカンスキー・ゴーラント」級602型潜水艦Подводные лодки проекта 602 «Американский Голланд»)またはAG級潜水艦Подводные лодки типа АГ)と呼ばれた。発注された17隻のうち6隻はロシア革命のため送られず、後にアメリカ海軍によってピュージェット・サウンド海軍造船所で組み立て直された後H-4からH-9として就役した。また、一部はロシア国内で建造され、ソ連時代になっても建造が続けられた。一部は第二次世界大戦後まで運用された。

フィンランド海軍フィンランド内戦の後半にハンコで2隻のロシア潜水艦を捕獲したが、修理することはできなかった。代わりに海軍軍備計画を開始し、ドイツの設計による潜水艦を建造、それらは第二次世界大戦のドイツUボートのプロトタイプとして運用された。

同型艦[編集]

イギリス海軍[編集]

H級潜水艦 (イギリス海軍)

  • 第1グループ (1915年)
  • 第2グループ (1915年 - 1918年, これらはアメリカ政府によって押収された)
  • 第3グループ (1917年 - 1919年)

アメリカ海軍[編集]

H級潜水艦

  • H-1 (予定艦名シーウルフ) (USS Seawolf/H-1, SS-28) 1911年11月17日改称

 ユニオン鉄工所建造 就役:1913年12月1日 1920年3月12日事故沈没

 予定艦名の由来はオオカミウオ科に属するシロオオカミウオ(英名Atlantic wolffish)の通称。

  • H-2 (予定艦名ノーチラス) (USS Nautilus/H-2, SS-29) 1911年11月17日改称

 ユニオン鉄工所建造 就役:1913年12月1日 退役:1922年10月23日

 予定艦名の由来はオウムガイ目オウムガイ科に属する軟体動物2属4種の総称。

  • H-3 (予定艦名ガーフィッシュ) (USS Garfish/H-3, SS-30) 1911年11月17日改称

 モラン社建造 就役:1914年1月16日 退役:1922年10月23日

 予定艦名の由来はダツ目ダツ科サヨリ科を中心に属する嘴の尖った海水魚・淡水魚の総称。

  • H-4 (USS H-4, SS-147) ロシア海軍発注

 ピュージェットサウンド工廠建造 就役:1918年10月24日 退役:1922年10月25日

  • H-5 (USS H-5, SS-148) ロシア海軍発注

 ピュージェットサウンド工廠建造 就役:1918年9月30日 退役:1922年10月20日

  • H-6 (USS H-6, SS-149) ロシア海軍発注

 ピュージェットサウンド工廠建造 就役:1918年9月9日 退役:1922年10月23日

  • H-7 (USS H-7, SS-150) ロシア海軍発注

 ピュージェットサウンド工廠建造 就役:1918年10月24日 退役:1922年10月23日

  • H-8 (USS H-8, SS-151) ロシア海軍発注

 ピュージェットサウンド工廠建造 就役:1918年11月18日 退役:1922年11月17日

  • H-9 (USS H-9, SS-152) ロシア海軍発注

 ピュージェットサウンド工廠建造 就役:1918年11月25日 退役:1922年11月3日

王立イタリア海軍[編集]

ロシア帝国海軍[編集]

AG-11、AG-12、AG-13、AG-14、AG-15、AG-16
AG-21、AG-22、AG-23、AG-24、AG-25、AG-26、AG-27

カナダ海軍[編集]

チリ海軍[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]