ホノホス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホノホス
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 944-22-9
PubChem 13676
ChemSpider 13087
特性
化学式 C10H15OPS2
モル質量 246.33 g mol−1
外観 芳香を持つ淡黄色の液体[1]
密度 1.16 g/cm3[2]
沸点

130 °C, 403 K, 266 °F (0.13 mbar[2])

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ホノホス(Fonofos)は、主にトウモロコシに用いられる有機チオリン酸殺虫剤である[3][4]。非常に毒性が高く[4]極めて危険有害な物質の一覧にリストされている[5]

毒性[編集]

ホノホスは、経口摂取・吸入すると、急性被曝を起こし、発汗痙攣眩暈吐き気呼吸困難頭痛を引き起こす。 また、下痢嘔吐も引き起こす。 高濃度の曝露は致命的である。

また、などの水生動物ハチに対して非常に毒性が強い。

規制[編集]

毒性のため2003年以降、ヨーロッパ北米で使用を禁止した。


出典[編集]

  1. ^ CDC - NIOSH Pocket Guide to Chemical Hazards
  2. ^ a b Record in the GESTIS Substance Database from the Institute for Occupational Safety and Health (IFA)
  3. ^ Fonofos, alanwood.net
  4. ^ a b Fonofos, Pesticide Information Profile, Extension Toxicology Network
  5. ^ Appendix A List of Extremely Hazardous Chemicals