ホトトギス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホトトギス属
Tricyrtis hirta - blossom side (aka).jpg
ホトトギスの花
Tricyrtis hirta
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: ホトトギス属 Tricyrtis
学名
Tricyrtis Wall.
和名
ホトトギス属(杜鵑草属)

ホトトギス属(ホトトギスぞく、杜鵑草属、学名 Tricyrtis)は、ユリ科植物ののひとつ。後述の種があり、概ね次のような特徴を持つ多年生草本植物である。

特徴[編集]

山野の林下や林縁、崖や傾斜地などの、日当たりの弱いところに自生する。

葉は互生し、楕円形で長く、葉脈は縦方向で、表面には毛が生える。

花期は初夏から秋にかけてで、雌雄同花で上向きに咲き、花弁が 6枚で直径数cm程度のもので 2-4日程度咲くことが多い。

ジョウロウホトトギス類は黄色く下方向に向く釣鐘型の花を 4-5日ほどつけるものが多い。

分布[編集]

アジア日本台湾朝鮮半島)に分布し、19種が確認されている。

そのうち日本では 13種(変種を除く)が確認されており、うち 10種は日本固有種である。 日本列島を中心に分布していることから、日本が原産であると推定されている。

[編集]

日本[編集]

これらの種の中には地域固有種も多いが、それらの多くは園芸用の盗掘が後を絶たず、また鉱物採取やダム建設、道路敷設等の開発行為に晒され、絶滅が危惧されている

台湾[編集]

  • Tricyrtis formosana Baker
台湾および沖縄県で見られる(前述)。
  • Tricyrtis lasiocarpa Matsumura
  • Tricyrtis ovatifolia S. S. Ying
  • Tricyrtis suzukii Masamune

フィリピン[編集]

  • Tricyrtis imeldae H.G. Gutierrez

写真[編集]

外部リンク[編集]