ホット・バタード・ラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホット・バタード・ラム
Hot buttered rum - close-up.jpg
基本情報
種別 ホットドリンク
ベース ラム
副材料 無塩バター、角砂糖、熱湯
度数 14度[1] - 15度[2]
茶褐色(ダーク・ラムをベースにした場合)
詳細情報
作成技法 ビルド
テンプレートを表示

ホット・バタード・ラム (Hot buttered rum) とは、ラムをベースとするカクテルである。バターを入れるホットドリンクとして知られている。

歴史[編集]

イギリスでは古くから飲まれてきたカクテル。

標準的なレシピ[編集]

  • ダーク・ラム - 45ml
  • 無塩バター - 10g
  • 角砂糖 - 1個
  • 熱湯 - 適量

作り方[編集]

  1. 角砂糖、ラム、熱湯、バターの順に暖めたグラス(ホルダー付き、耐熱ガラス製)に入れる。
  2. ステアして完成。

備考[編集]

  • 好みで少量のクローブを浮かべる場合もある。また、レモンを入れても良い。
  • 通常のダーク・ラムをゴールド・ラムとホワイト・ラムに変え、それぞれ30ml、15mlなどとしても良い。
  • ステアするときに、通常のマドラースプーンなどではなく、シナモンスティックを使うと、違った風味を楽しめる。

バリエーション[編集]

熱湯の代わりにホット・ミルクを使うと「ホット・バタード・ラム・カウ」に派生する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 稲 保幸 著 『色でひけるカクテル』p.111 大泉書店 2003年12月18日発行 ISBN 4-278-03752-X
  2. ^ YYT project 編 『おうちでカクテル』p.154 池田書店 2007年2月20日発行 ISBN 978-4-262-12918-1