ホットスペア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホットスペアとは、システムの信頼性を高めるために用いられる代替コンポーネントである。 ホットスペアは実行中のシステムに稼動状態で接続されている。 コンポーネントが壊れた時点で、壊れたコンポーネントの代わりとして動作を開始する。 ホットスペアに対する技術としてコールドスタンバイがある。 コールドスタンバイでは、代替コンポーネントを休止状態にしておくことで、 コストを抑えることができるが、システム復旧までの時間は長く、信頼性も低い。

関連項目[編集]