ホッキョクジリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホッキョクジリス
Spermophilus parryii.jpg
ホッキョクジリス
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgIUCNレッドリスト (ver. 3.1)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : リス亜目 Sciuromorpha
: リス科 Sciuridae
: マーモット族 Marmotini
: ジリス属 Spermophilus
: ホッキョクジリス S. parryii
学名
Spermophilus parryii
(Richardson, 1825)
シノニム

Urocitellus parryii

和名
ホッキョクジリス
英名
Arctic ground squirrel

ホッキョクジリス (Spermophilus parryii)は、北極地方に生息するジリス冬眠中の体温がマイナスにまで下がることが知られており、1年のうち9ヶ月を眠って過ごす。

分布[編集]

アラスカのホッキョクジリス
ヌナブト準州のツンドラにて

北極圏からカナダブリティッシュコロンビア州ノースウェスト準州アラスカシベリアにかけて分布[1]。 乾燥したツンドラや開けた草地に生息している[2]

形態[編集]

毛色は薄黄色と黄褐色で、背には白色の斑点がある。顔は短く、耳は小さい。尾は灰色で、眼の周りに白い模様がある。平均体長39cm、体重750g。雄は雌よりも100gほど重い[2]

食餌[編集]

キノコを食べるホッキョクジリス

イネ科の植物、スゲ、キノコ、湿原のイグサコケモモヤナギ、根、茎、葉、花、種。食物を頬に入れて巣に運ぶこともある[2]

生態[編集]

昼行性で、一匹の雄が支配する群れで生活している。 捕食者は、ホッキョクギツネクズリオオヤマネコハイイログマ。 夏には、冬眠に備えて体脂肪を増やすため、ツンドラの植物、種子、実を探し回る。夏の終わり頃になると、春に新しい草が育つまでの間食べられるように、巣穴に食料を貯蔵し始める[3]。巣穴の内部は、地衣類、葉、ジャコウウシの毛で覆われている。 個体間のコミュニケーションは、鳴き声と動作で行う。出会ったときには、鼻と鼻を接触させるか、体の他の部分を押し付けあう。危険に応じて警戒音を発し、捕食者によって異なった音を発する。低い喉の音は、地面にいる捕食者を示し、短い周波数の口笛のような音は、鷲などの空からの危険を示す[2]

冬眠[編集]

9月初旬から4月下旬まで冬眠する。その際、体温は37度からマイナス3度まで低下させることができる[4][5]

繁殖[編集]

冬眠から目覚めると、5月中旬に交尾し、およそ25日後の6月下旬に出産する。一回で5匹から10匹の子どもを産む。子は生まれたときには毛は生えていないが、6週間で離乳し、やがてやってくる冬に備えて急速に成長することができる[2]。子は1ヶ月余りで十分に育ち、次の寒さが来る前に自分で穴を掘り冬眠の支度を済ませる。親は3ヶ月の間に、子を育て、自分の体力を回復し、冬のための食糧を貯蔵し、巣穴の大掃除をしなければならない。そのため、雨や風のひどい時でも毎日17時間もあくせくと休まずに働く[6]

出典[編集]

  1. ^ Linzey, A.V. 2008, “Spermophilus parryii”, IUCN Red List of Threatened Species. Version 2011.1.
  2. ^ a b c d e Brensike, J. 2000, "Spermophilus parryii", Animal Diversity Web. Accessed October 23, 2011.
  3. ^ Environment Yukon, “Arctic Ground Squirrel”, September 27, 2010.
  4. ^ Muldrew, K., University of Calgary, “Mammalian Hibernation”, Feb. 26, 1999.
  5. ^ Denali National Park and Preserve, “Arctic ground squirrel”, The National Park Service, the U.S. Department of the Interior, October 19, 2006 .
  6. ^ 今泉吉典編、『アニマルライフ 動物の大世界百科 第11巻 ショ‐センシ』 日本メール・オーダー社、1972年。

参考文献[編集]