ホセ・ムニョース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホセ・アントニオ・ムニョースJosé Antonio Muñoz1942年10月7日 - 、ブエノスアイレス)は、アルゼンチン漫画家イラストレーター。特にモノクロームの作品がよく知られている。彼のハードボイルド・グラフィックノベル『Alack Sinner』(Carlos Sampayo原作)は、フランク・ミラーの『シン・シティ』の主要な源泉の一つである。

概要[編集]

ムニョースはパン・アメリカン美術学校にてウーゴ・プラットアルベルト・ブレシアの元に学び、Francisco Solano Lopezのアシスタントとして仕事をした。1972年に、彼はスペイン、続いてイタリアに移り、アルゼンチンの作家カルロス・サンパージョ(Carlos Sampayo)と組んで探偵ものの漫画作品『Alack Sinner』、そのスピンオフ作品である『Joe's Bar』『Sophie』、ビリー・ホリデイの伝記漫画などを制作した。

彼の作風は、シャープな線と明暗の強調(en:chiaroscuro)、そして誇張された、時にグロテスクな人物像によって特徴付けられる。彼の作風は彼の師であるアルベルト・ブレシアのほか、Dave McKean、Warren Pleece、Keith Giffenなどに強い影響を与えている。

受賞[編集]

  • 1978年 - アングレーム国際漫画祭最優秀作品賞(海外作品・リアリスティック部門)
  • 1983年 - アングレーム国際漫画祭最優秀作品賞
  • 1994年 - ハーヴィ賞・最優秀海外作品部門
  • 2002年 - マックス&モーリッツ賞
  • 2007年 - アングレーム国際漫画祭グランプリ

外部リンク[編集]

Career-wide selected art samples (French editions)

(Years from artist's signature or original publication, not later reprints)