ホセ・パブロ・モンカーヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホセ・パブロ・モンカーヨ(José Pablo Moncayo,1912年6月29日 - 1958年6月16日)は、メキシコ作曲家

ハリスコ州グアダラハラ出身。メキシコ音楽院に入り、作曲カルロス・チャベスに師事。プロとしての最初の仕事はメキシコ州交響楽団の打楽器奏者であった。その後1949年から1954年までメキシコシティー国立交響楽団の指揮者を務めた。彼はまたアメリカ合衆国の作曲家アーロン・コープランドに招待され師事した。

ブラス・ガリンドサルバドール・コントレラスダニエル・アヤーラの3人の作曲家とのグループは「メキシコ4人組」とよばれ、メキシコ国民楽派の精神を反映した曲を書いた。彼らの音楽はメキシコ民謡から取り出された旋律リズム和声を使用したものだった。

モンカーヨのもっとも有名な作品は、色彩的な幻想曲「ウアパンゴ」(1941)である。しかしその他にもオペラバレエ、ピアノ独奏曲、シンフォニア(1944)やシンフォニエッタ(1945)のような管弦楽曲、2本のオーボエと弦楽合奏のための「セルバンテスへのオマージュ」(1947)のような協奏曲などがある。

文献[編集]

  • Torres-Chibrás, Armando Ramón. 2002. "José Pablo Moncayo, Mexican Composer and Conductor: A Survey of His Life with a Historical Perspective of His Time." DMA diss., University of Missouri, Kansas City. Ann Arbor, MI: University Microfilms International. ISBN 0-493-66937-X
  • Torres-Chibrás, Armando. 2009. José Pablo Moncayo: Mexico's Musical Crest. Köln: LAP Lambert Academic Publishing.
  • Zepeda Moreno, José Kamuel. 2005. Vida y obra de José Pablo Moncayo. Guadalajara, Jalisco, México: Gobierno de Jalisco, Secretaría de Cultura.