ホセ・ドノソ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・ドノソ
José Donoso
誕生 1924年10月5日
チリの旗 チリサンティアゴ・デ・チレ
死没 1996年12月7日(満72歳没)
職業 小説家
国籍 チリの旗 チリ
代表作 『夜のみだらな鳥』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ホセ・ドノソJosé Donoso1924年10月5日 - 1996年12月7日)は、チリサンティアゴ出身の作家小説家教師ジャーナリスト

ザ・グランジェ・スクール卒業。チリ大学在学中、奨学金を得てプリンストン大学に留学し、始めての短篇は英語で執筆し、大学の雑誌に掲載された。1955年に短篇集『避暑地その他の短篇』'で作家デビューした。彼の最初の長篇小説『戴冠式』はラテンアメリカスペインで大ヒットし、2000年に映画化された。

1961年、画家のマリア・エステル・セラーノと結婚。その後メキシコ、アメリカと渡り歩いたのち1967年よりスペインに居を構えた。『境界なき土地』、『夜のみだらな鳥』、『別荘』(スペインの"Crítica de España"受賞作)や『絶望』などの小説によって、彼は「ラテンアメリカ文学ブーム」の立役者のひとりであると考えられるようになった。

1981年にチリに帰国し、文学教室を主催した。この教室には、のちにチリ文学の中核を担う人物が多数参加した。1996年に同地で没した。 2007年に生前未発表の小説Largatija sin colaが刊行された。本来のタイトルはLa cola de la lagartijaである。

主な作品[編集]

  • Verano y otros cuentos (1955年)
  • Coronación (1957年)
  • El charleston (1960年)
  • Este domingo (1966年)
  • El lugar sin límites (1966年)
    • 『境界なき土地』寺尾隆吉訳、水声社、2013年7月。
  • El obsceno pájaro de la noche (1970年)
    • 『夜のみだらな鳥』鼓直訳、集英社〈ラテンアメリカの文学11〉、1984年7月。
  • Historia personal del boom (1972年)
  • Tres novelitas burguesas (1977年)
    • 『三つのブルジョワ物語』木村栄一訳、集英社〈集英社文庫〉、1994年9月。
  • Casa de campo (1978年)
    • 『別荘』寺尾隆吉訳、現代企画室、2014年8月。
  • La misteriosa desaparición de la marquesita de Loria (1980年)
  • El jardín de al lado (1981年)
    • 『隣りの庭』野谷文昭野谷良子訳、現代企画室〈ラテンアメリカ文学選集15〉、1996年10月。
  • Poemas de un novelista (1981年)
  • Cuatro para Delfina (1982年)
  • La desesperanza (1986年)
  • Taratura y naturaleza muerta con cachimba (1989年)
  • Donde van a morir los elefantes (1995年)
  • Conjeturas sobre la memoria de mi tribu (1996年)
  • Nueve novelas breves (1997年)
  • El mocho (1997年)
  • Largatija sin cola (2007年)