ホセ・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホセ・アブトン・サントスJosé Adeón Santos León1961年4月26日 - )は、主に北アメリカ西海岸地区で騎乗していた元騎手である。チリコンセプシオン出身。

来歴[編集]

父のマヌエル、および7人兄弟のうち3人が騎手という競馬一家に生まれ、1975年頃、14歳でチリ・コンセプシオンのイピコ競馬場で行われたレースに初騎乗し、騎手デビューを果たす。

1984年、騎乗拠点を北アメリカの激戦区・カリフォルニア州に移す。

1990年、第10回ジャパンカップに出走するアルワウーシュと共に初来日を果たし、インターナショナルジョッキーズにも参加した。11月24日東京競馬場での第8競走で10番人気だったエリーズタイムに騎乗してJRA初騎乗を果たし(結果は7着)、翌11月25日の第3競走を1番人気だったツクバナイスで勝利しわずか3戦目でJRA初勝利を挙げたが、ジャパンカップは7番人気で5着という結果だった。

1991年、第5回ワールドスーパージョッキーズシリーズに初参戦する。

1998年12月1日から翌年の2月28日までJRAの短期免許を取得する。身元引受人は、萩原清調教師有限会社クローバークラブ。しかし日本での騎乗開始後2週間で35戦0勝(JRAのみの成績)と有力馬への騎乗依頼を集めることができず、アメリカから騎乗要請を受けたことを理由に急遽帰国し、12月16日付けで短期免許は取消となった。

2002年、第16回ワールドスーパージョッキーズシリーズに参戦し、45ポイントで総合2位となる。

2003年、第17回ワールドスーパージョッキーズシリーズに2年連続で参戦するも27ポイントで7位だった。

2007年、2月にアケダクト競馬場で騎乗した際落馬し、背骨5ヶ所と肋骨骨折した。5月にアメリカ競馬名誉の殿堂博物館の殿堂入りを果たす。しかし怪我の回復が困難なため、7月30日に引退を発表する。北アメリカ通算25928戦4083勝(チリでの成績を含めると4600勝以上)、JRA通算63戦4勝、地方競馬浦和船橋)通算3戦0勝。

表彰[編集]

1988年
2007年

主な騎乗馬[編集]

関連項目[編集]