ホセ・カブレラ原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・カブレラ原子力発電所
ソリータ原子力発電所
ホセ・カブレラ原子力発電所の位置(スペイン内)
ホセ・カブレラ原子力発電所
ホセ・カブレラ原子力発電所の位置
スペイン
座標 北緯40度20分57秒 西経2度53分4秒 / 北緯40.34917度 西経2.88444度 / 40.34917; -2.88444 (ホセ・カブレラ原子力発電所)座標: 北緯40度20分57秒 西経2度53分4秒 / 北緯40.34917度 西経2.88444度 / 40.34917; -2.88444 (ホセ・カブレラ原子力発電所)
着工 1964年
運転開始 1969年8月13日
運転終了 2006年4月30日
事業主体 ウニオン・フェノーサ
運営者 ウニオン・エレクトリカ・フェノーサ S.A.
原子炉
運転終了 1 x 150 MW
発電量
平均発電量 392 GWh
正味年間発電量 34,628 GWh
2007年8月1日現在
テンプレートを表示

ホセ・カブレラ原子力発電所はスペインのマドリードの東70kmのアルモナシッド・デ・ソリータ英語版にある原子力発電所。ソリータ原子力発電所としても知られる[1]

発電所は1機の加圧水型原子炉からなり、発電力は160MWe、ウニオン・フェノーサが運用していた[2]。2006年に運転が終了している。

スペインではホセ・カブレラ原子力センターで、1969年のドキュメント映画ではこの名前が見られる。

歴史[編集]

建設は1964年に始まり、1968年に商用運転が始まり、2006年まで稼動した。2006年には閣僚の命令で停止した[2]

2010年2月11日、ウニオン・フェノーサは発電所の所有権が放射性廃棄物管理公社エンレサ(Enresa)に移された。エンレサは2015年までに発電所を取り壊すことを計画している[2]

事故[編集]

スペイン原子力安全委員会英語版は発電所の調査を行い、安全性が不十分で、2003年12月の燃料取替え1ヵ月後の再開運用からスクリューが失われて反応が妨げられているとした[要出典]

原子炉[編集]

原子炉[3] 原子炉形式 純発電量 総発電量 建設開始 送電網同期 商業運転 停止
1号機 (José Cabrera-1) 加圧水型原子炉 141 MW 150 MW 1964年6月24日 1968年7月14日 1969年8月13日 2006年4月30日

関連項目[編集]

[編集]

外部リンク[編集]