ホウ会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「龐会」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
龐会
列侯・中尉将軍
出生 生年不詳
涼州南安郡狟道県
ピン音 Páng Huì
主君 曹丕曹叡曹芳曹髦曹奐

龐 会(ほう かい、生没年不詳)は、中国三国時代における武将涼州南安郡狟道県の人。父は龐悳(龐徳)。

概要[編集]

龐会は、父と同様の勇烈な風格を有していたとされる。黄初元年(220年)に曹丕が魏を建国すると、前年の建安24年(219年)に父が荊州関羽征討で戦死したことを悼み、龐会ら4人を関内侯(龐会は臨渭亭侯か)に封じた。

甘露2年(257年)、諸葛誕揚州で反司馬氏の挙兵をすると、平寇将軍・臨渭亭侯にあった龐会も誘われたが応じず、鎮圧に加わった。この功績で、に封じられた。

景元4年(263年)、鍾会率いる蜀漢討伐(蜀征討戦)に参加した。龐会は鍾会の命により、胡烈田続と共に綿竹を陥落させたため、剣閣から引いて巴郡に篭った蜀将姜維を追撃した。

王隠の『蜀記』によると、蜀滅亡後に龐会は関羽の一族を滅ぼした[1]。同じく『蜀記』によると、鍾会は蜀から龐悳の遺体を迎えに埋葬したが、墓の中にあって身体も首も生きているかのようであったという[2]。もっともこれらの記述の信憑性は不確かで、特に後者については、裴松之が龐悳の墓は元々魏領内にあったと指摘している通り、明らかに事実と相違する。

最終的に官位は中尉将軍にまで至り、列侯[3]に封じられた。

[編集]

  1. ^ 『三国志』蜀書関羽伝注
  2. ^ 『三国志』魏書龐悳伝注
  3. ^ 郷侯より上位の侯となったかは不詳。

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書18龐悳伝
  • 同魏書4高貴郷公紀
  • 同魏書28鍾会伝
  • 同蜀書6関羽伝