ホウキタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホウキタケ
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : 菌蕈亜門 Hymenomycotina
: 真正担子菌綱 Agaricomycetes
亜綱 : スッポンタケ亜綱 Phallomycetidae
: ラッパタケ目 Gomphales
: ラッパタケ科 Gomphaceae
: ホウキタケ属 Ramaria
: ホウキタケ R. botrytis
学名
Ramaria botrytis (Pers.) Ricken

ホウキタケ(Ramaria botrytis)は、ラッパタケ科ホウキタケ属キノコの一種。地方によりカブタケネズミタケと呼称される場合がある。

特徴[編集]

頃に雑木林などの地上に発生する。 高さ15cm、径15cmに達する事もあるキノコで、色は全体的に白っぽく、丈夫な円柱状の柄から枝を分け、先端部は多数の小枝の集合体となる。 歯切れが良く、美味なキノコである。

参考画像[編集]

参考文献[編集]

  • 広島県のキノコ(比婆科学教育振興会 広島きのこ同好会 共編)中国新聞社刊 ISBN4-88517-152-0
  • きのこ大図鑑(小宮山勝司著)永岡書店刊 ISBN4-522-42398-5
  • 食べられるキノコ200選(信州きのこの会編)信濃毎日新聞社刊 ISBN4-7840-9931-X

関連項目[編集]