ホイール・オブ・フォーチュン (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホイール・オブ・フォーチュン
Wheel of Fortune
ジャンル クイズ番組
放送時間 (30分)
放送期間 1975年1月6日 -
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン
企画 マーヴ・グリフィン
出演者 パット・セイジャック
ヴァンナ・ホワイト英語版
テンプレートを表示

ホイール・オブ・フォーチュン』 (Wheel of Fortune) は、1975年1月6日からアメリカ合衆国で放送されているゲーム番組である。マーヴ・グリフィンによって作成された。

歴史[編集]

元々は1975年1月6日からNBCCBSで昼間のゲーム番組として放送されていたもので、1983年9月19日からマーヴ・グリフィン・エンタープライゼズ英語版の制作で番販ネットが開始された。2006年9月放送分からHDでの制作になった。CBSの人気クイズ番組『ザ・プライス・イズ・ライト』や同じシンジケートのクイズ番組『ジェパディ!』と並ぶ看板番組となった。

番組で使用されるパズルボードは、1975年当初から1996年まで「手動回転式」だったが、1997年放送以降は「タッチパネル」へ変更され現在に至っている。これは、正解の文字数分の変更に手間がかかっていたことが主な理由である。手動回転式を用いてた頃は、正解の文字数分のパネルをオープンするのに時間がかかり苦労したそうであるが、タッチ式になった今では交換の苦労もほとんどない状況である。

ルール[編集]

番組の一例(中央が司会のパット・セイジャック)

パズル・ボードに隠された最大52文字から成る「フレーズ」を、フレーズが属するジャンル(物の名前、行事、地名など。ジャンルは先に提示される)と徐々に明らかになっていく文字を基に推測する言葉当てゲームを3組の参加者で行う。フレーズを明らかにしていく過程で各参加者は「ホイール」と呼ばれるルーレットを回して賞金を獲得し、獲得賞金の多さを競い合う。ハングマンという単語当てゲームがベースとなっている。

ゲームは全3回の「トスアップ」ラウンドと全4回の通常ラウンド、および、それまでの獲得賞金が最も多い参加者1名が進むことができるボーナスラウンドで構成される。

トスアップ[編集]

通常ラウンドを始める前に「トスアップ」ラウンドが2回行われる。「トスアップ」ラウンドでは、パズルボードに文字が1文字ずつ徐々に表示され、隠されたフレーズが何か分かった時点で参加者は早押しボタンを押して回答することができる。もし、フレーズを当てた場合、1回目のトスアップでは$1000、2回目では$2000の賞金を獲得できる。2回目のトスアップラウンドが終わると、通常ラウンドの1ラウンドへと移行する。 また、通常ラウンドの4ラウンド目に入る前に3回目の「トスアップ」ラウンドが設けられており、隠されたフレーズを答えることができた参加者は$3000の賞金を獲得できる。

通常ラウンド[編集]

通常ラウンドでは3組の参加者が、順繰りにAからZまでの任意の文字(原則子音のみ。母音の場合は賞金と引き替え)をコールすることでゲームを進める。コールした文字がフレーズに含まれている場合、その文字だけがオープンされる。これを繰り返し、その「フレーズ」を当てることができた者が賞金を獲得する。各ラウンドではルールが少しづつ変わっている。

参加者は、番組名にもなっている「ホイール」と呼ばれるルーレットを回して賞金や賞品を獲得していく。しかしルーレットのマスの中には「賞金没収(BANKRUPT)」や「1回休み(LOSE OF TURN)」、「フリープレイ(FREE PLAY)」、「ジャックポット(JACKPOT)」、「賞金+特殊マスランダム」などの特殊なマスも存在する。

ボーナス・ラウンド[編集]

通常ラウンド終了後、獲得賞金が最も高い参加者はボーナスラウンドに進むことができる。ボーナスラウンドでは、あらかじめオープンされている6文字 (R,S,T,L,N,E) と参加者が指定する4文字(子音3文字+母音1文字)を基に隠された「フレーズ」を推理し、当てることが出来れば自動車やボーナス賞金(通常の場合、最高$100,000)などの賞品を獲得できる。

番組での最高獲得賞金額[編集]

2008年10月14日の放送で、ボーナスラウンドで$1,000,000を引き当てた女性出場者が、番組開始以来、初めてとなる、$1,000,000以上の賞金を獲得。通常ラウンドで獲得した賞金を含む$1,026,080(当時の日本円で約1億3,630万円)を獲得した。

2013年5月30日の放送で、ボーナスラウンドで2人目の$1,000,000を引き当てた女性出場者が、$1,030,340を獲得して、最高賞金額を更新した。 なお、この賞金額を得るためには、通常ラウンド後半で新たに組み込まれる$1,000,000獲得の権利のマス(1/72の確率)を引き当て、なおかつボーナスラウンドで1/24の確率で隠されている$1,000,000のマスを引き当てた上で正解しなくてはならない。

主な賞品[編集]

  • 自動車

2012年現在

他、海外旅行・家庭用品・ホテルディナー券などもある。

キャスト[編集]

スタッフ・クレジット[編集]

番組の公式サイトから取得しました。[1]

  • エグゼクティブ・プロデューサー:ハリー・フリードマン
  • 統括プロデューサー:カレン・グリフィス、スティーヴ・シュワルツ
  • 監督:ボブ・シスネロス
  • 連絡のプロデューサー:ボブ・ソフィア
  • ライン・プロデューサー:ランディ・バーク
  • シニア・プロデューサー:アマンダ・スターン
  • アソシエート・ディレクター:ブルック・イートン、L・デイヴィッド・アイリート
  • プロダクション・デザイナー:レネー・ホス゠ジョンソン
  • プロデューサー:ロブ・ローマン、ゲイリー・オブライエン、パトリック・オブライエン
  • セグメント・プロデューサー:ステイシー・サプシムソング、トレヴァー·ウォード
  • パブリシティやプロモーション・プロデューサー:スージー・ローゼンバーグ
  • マーケティングやプロモーション・プロデューサー:リサ・ディー
  • マーケティングや広告宣伝プロデューサー:アネット・ディマトス゠シュワルツ
  • 出場者のマネージャー:ジャッキー・ラマティス
  • 出場者の上級コーディネーター:シャノン・ボビーヨ
  • 出場者のコーディネーター:アレクサンドラ・リーヴス
  • ステージ・オペレーション・スーパーバイザー:ジューン・カーティス
  • リサーチ・スーパーバイザー:ケン・ワイナー
  • プロダクション・コーディネーター:エリカ・アグレダーノ、ベス・デマーズ・ズク、スティーヴィー・クローバー
  • 賞品調達マネージャー:キャシー・イグナシオ
  • シニア・マーケティング・マネージャー:ダーシー・アルトワーグ
  • 風光明媚デザイン:ジョディ・ヴァーツラフ
  • クリアランスやライセンシングのエグゼクティブ・ディレクター:シェリー・バランス・エリス
  • クリアランス・マネージャー:ジョセフ・サマヴィル、ジェニファー・ホーグランド
  • ミュージック・スーパーバイザー:ショーン・ササハラ
  • シニア・クリアランス・コーディネーター:シャノン・ホワイト・リー
  • クリアランス・コーディネーター:ステイシー・オーキ・スクレッズヴィグ
  • クリアランス・アシスタント:モニーク・ディアス、マイケル・クラーク
  • エグゼクティブ・プロデューサーのアシスタント:イヴェット・サパンザ
  • 統括プロデューサーのアシスタント:ジーナ・フリーマン、キャンディス・クラヴィッツ、ジェイソ・ンシールズ
  • ライン・プロデューサーのアシスタント:デビー・ウィリアムズ
  • アシスタント・プロダクション・コーディネーター:ジェニファー・バーク、スコット・マーコウィッツ
  • コミュニケーションズ・ディレクター:クリスタ・オステンセン・オッシュ
  • マーケティングやプロモーション監督:デヴィッド・ストラサーン
  • マーケティングとプロモーションの上級マネージャー:ジェシカ・ウォン
  • 広報とプロモーションの上級コーディネーター:ケイティ・クイックシルバー
  • パブリシティ・マネージャー:レスリー・ジェイコブ
  • マーケティング・コーディネーター:ローラ・チャーチル
  • 特別プロジェクトの監督:スコット・ブレスラー
  • 制作スタッフ:クロエ・ブリット、J・P・チズム、ボブ・グッチ、クリスティ・マイヤーズ、スペンサー・ローズ、ティモシー・ウルフ
  • シニア・プロダクション・アカウンタント:スティーヴ・シンプソン
  • アカウンティング・アシスタント:ジャネット・ヤマダ、マリア・アンヘレス
  • 風光明媚デコレーター:ヘザー・リン・ラスニック、ヘザー・デクリスト、ショーン・ページ
  • セキュリティ:アル・ミラー・シニア
  • 美容師:シンシア・ロモ、ブリタニー・スポールディング
  • メイクアップ:シェリー・ウィテカー、サンディ・ライマー、キンバー・イーストウッド
  • ワードローブ:キャシー・ニシモト、フィル・ウェイン
  • 照明デザイナー:ジェフ・エンゲル
  • ガファー:ブライアン・マッケルロイ
  • テクニカル・ディレクター:ロバート・エニス・ジュニア
  • プロダクション・エンジニア:ロブ・キンペル
  • オーディオ・ミキサー:コール・クーンス
  • オーディオ:バーバラ・ヘーガン、リック・テラー、ミッチ・トゥルエグ、シャロン・サンチェス
  • ビデオ:ゲイリー・タイヨン
  • カメラ:ダイアン・ファレル、ランディ・ゴメス、レイ・ゴンザレス、レイ・レイノルズ、ジェフ・シュスター、スティーヴ・シモンズ
  • ビデオ・ユーティリティ:ティノ・マルケス、レイ・トンプソン、マイケル・コーウィン
  • ビデオテープ演算子:ボブ・ライリー、ディーン・リーバー
  • ビデオ・ウォール・テクニシャン:ダン・エリス、キース・マクピーターズ
  • ポストプロダクション・スーパーバイザー:ケリー・カルドナ
  • ポストプロダクション:ピート・パリーゼ、キース・フェルナンデス、トレイシー・グリン、アンディ・ストローバー、ベス・ベイリー、マーヴィン・ブルース、ジェイソン・カルドナ、ボブ・ラマズニー、アダム・マッキーニー、トム・ホール
  • エレクトロニック・グラフィックス:ミシェル・リー・ハンプトン
  • ヘッド・エレクトロニクス:ビル・モンク
  • エレクトロニクス:チャーリー・モンク
  • キー・グリップ:ダグ・ランツ
  • ベスト・ボーイ:チャック・ケル、ブラッド・バーグーン
  • プロパティ・マスター:ジェフ・シュワルツ
  • プロップ:リッキー・マルティネス、ジェームズ・ジオヴァンヌーチ
  • デコレーター・ギャング・ボス:ブルース・マイズナー
  • 音楽:フランキー・ブルー、ジョン・ホーク
  • デジタル・コンテンツ・マネージャー:ケヴィン・ボールズ
  • デジタル・コンテンツ・コーディネーター:ローズ・ローマン
  • デジタル・コンテンツ研究者:ベン・ジョンソン
  • 番組の写真家:キャロル・ケールソン
  • 舞台監督:ジョン・ローダーデール
  • 配布:CBSテレビジョン・ディストリビューション
  • 制作会社:ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン

関連項目[編集]

外部サイト[編集]