ホイットギフト校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホイットギフト校(ホイットギフトこう、: Whitgift School)は、 イギリスロンドン南東部サリー南クロイドンに所在するパブリックスクール

概要[編集]

創立400年を超える。南クロイドンのハリング公園地区に45エーカーの敷地を有し、10〜18歳の1,200人の男子生徒が在籍している。総合スポーツセンターや最高5,000人収容のクリケット場、2つの図書館、また6つ以上のコンピュータ室を備えた芸術棟などの施設が備えられている。

1596年カンタベリー大司教であったJ・ホイットギフトによって創設され、現在ではオールドパレス校、J・ホイットギフト三位一体校と共にホイットギフト財団によって運営されている。

1931年に移転して来た現在地は、かつてアルマダの海戦に総司令官として参加したハワード・エッフィンガムの邸宅があった場所で、同校の講堂には英国軍艦アーク・ロイヤルのモデルとなった船が保存されている。近年では新たに総合スポーツセンターをはじめ、創設者を記念する庭園迷路や鳥小屋、赤リス園、湖などが建造された。

日本語教育機関でもあり、1995年には埼玉県立浦和高等学校と姉妹校締結し、交換留学が行われている。2005年には国際バカロレア資格の認定校となり、交換留学生のイギリス国内の大学進学が可能になった。クリケットを始めとするスポーツや音楽などの課外活動や、1930年代から始まったクジャクエリザベス女王から贈られた2匹の白子ワラビーフラミンゴなどの水鳥の飼育も行われている。2005年には新たな湖が開設され、その際にはデイビッド・アッテンボローが来校している。

所在地[編集]

連合王国サリー南クロイドンハリング公園地区CR2 6YT

出身者[編集]

外部リンク[編集]