ペーター・ヴィンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペーター・ヴィンター(1815年

ペーター・ヴィンターPeter Winter、またはPeter von Winter1754年 - 1825年10月17日)は、ドイツの作曲家である[1]

生涯[編集]

ペーター・ヴィンターはマンハイムに生まれ、ヴァイオリン神童として当地の宮廷楽団で演奏した。彼はアントニオ・サリエリとともにウィーンで音楽を学んだ。1778年にはミュンヘンへ引越して、その地の宮廷劇場のディレクターとなり、オペラバレエ音楽などの作曲を始めた。1787年にミュンヘンで副楽長の地位につき、1798年には宮廷楽長に昇格して、終生その地位を守っている。

ヴィンターが1778年から1820年の間に作曲した30作以上のオペラ作品の中で、失敗に終わったものは非常に少数であった。彼の作品で一番人気があるのは、1796年にウィーンで初演されたオペラ『中止された奉献祭』(Das unterbrochene Opferfest)である[2]1797年から1798年にかけては、同地でエマヌエル・シカネーダー作の『バビロンのピラミッド Die Pyramiden von Babylon』と『迷宮 Das Labyrinth』を作曲した[3]。ヴィンターはミュンヘンに1798年に戻り、5年後には、『La grotta di Calipso』(1803年)などを製作するためにロンドンを訪れて、大成功を収めた。1817年のオペラ『マホメット』(Maometto)は恐らく彼の作品の中でももっとも有名なもので、現在でも時折上演され、優れたCD録音が存在している。ヴィンターの最後の作品『歌手と仕立て屋 Der Sänger und der Schneider』は1820年にミュンヘンで初演され、その5年後に彼は同地で生涯を終えた。

ヴィンターはオペラなどの劇音楽の他に、室内楽曲や26曲のミサ曲を含む宗教音楽を作曲している。

主な作品[編集]

オペラ[編集]

  • Lenardo und Blandine(1779年
  • Der Bettelstudent (1785年
  • Jery und Bäteli (1790年
  • 中止された奉献祭(1796年)
  • Die Pyramiden von Babylon(1797年)
  • Das Labyrinth (1798年)
  • La grotta di Calipso(1803年)
  • マホメット(1817年)

バレエ[編集]

  • Pyramus und Tisbe(1779年)
  • La mort d'Hector (1779年)
  • Die Liebe Heinrichs IV. und der Gabriele oder Die Belagerung von Paris(1779年)
  • Ines de Castro(1780年)
  • Vologesus (Il trionfo della verità)(1786年
  • La mort d'Orphée et d'Euridice (1792年

脚注[編集]

  1. ^ 彼の誕生日は明らかではないが、洗礼日は8月28日である。
  2. ^ 『妨げられた奉献祭』とも訳される。ベートーヴェンはこの作品の中の四重唱『子よ、静かにおやすみ』を基に、変奏曲『ヴィンターの歌劇「中止された奉献祭」の「子よ、静かにおやすみ」による7つの変奏曲 WoO.75』を作曲している。(外部リンク参照)
  3. ^ この2作は、シカネーダーが台本を書いたモーツァルトジングシュピール魔笛』(1791年)の続編にあたる。

外部リンク[編集]