ペーター・ハンゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペーター・ハンゼン

ペーター・ハンゼン(Peter Andreas Hansen, 1795年12月8日1874年3月28日)は、デンマーク天文学者

現在はデンマークの南デンマーク地域に属するトゥナーに金細工師の家に生まれた。トゥナーの物理学者 Dircksに認められて、コペンハーゲンの天文学者ハインリッヒ・シューマッハの助手として天文学の仕事を初め、デンマーク王フレデリク6世の知己を得た。1821年から1825年の間、ハンブルクアルトナの観測所で働いた。

その後、ゴータゼーベルク天文台の所長を務め、天体力学の分野で研究し、木星土星の相互の摂動の研究で、1930年にベルリンアカデミーの賞を受賞し、彗星軌道の変動の研究で1850年パリアカデミーの賞を受けた。

最もよく知られているのはの運動に関する研究で、月の運動の変動に小さいずれを発見し、月の重心のずれで説明した。1857年に発表した「月計算表」は高い評価を得て長く使用された。

1842年1860年王立天文学会ゴールドメダルを受賞し、1850年には王立学会のコプリ・メダルを受賞した。