ペーター・コルネリウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペーター・コルネリウス

カール・アウグスト・ペーター・コルネリウス(Carl August Peter Cornelius, 1824年12月24日 マインツ - 1874年10月26日 マインツ)はドイツ作曲家詩人翻訳家としても活動し、音楽に関する著作も残している。

生涯[編集]

少年時代からヴァイオリンを弾き、歌曲の作曲をしていたが、初めて作曲を学んだのは1841年になってからだった。1844年から1852年まで、おじで画家ペーター・フォン・コルネリウス1784年1867年)のベルリンの家に身を寄せ、その間にアレクサンダー・フォン・フンボルトグリム兄弟フリードリヒ・リュッケルトフェリックス・メンデルスゾーンら、同地の文化人に出逢う。ベルリン時代の終わりに、いくつかの雑誌に音楽評論を寄稿し、ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフパウル・ハイゼハンス・フォン・ビューローらと親交を結んだ。

コルネリウスの最初の成熟した作品群は、喜歌劇《バグダッドの理髪師》を含めて、短いヴァイマル時代(1852年 - 1858年)に書かれている。次にウィーンに進出して、5年間を過ごし、リヒャルト・ワーグナーと親交を結ぶ。ワーグナーのしきりの催促で1864年ミュンヘンに定住し、この地で結婚して四児の父親となった。

ワーグナーやフランツ・リストとの交流にもかかわらず、いわゆる「新ドイツ楽派」との関係はぎくしゃくしたものだった。自作の歌劇《ル・シッド》の初演を口実に、ワーグナーの楽劇《トリスタンとイゾルデ》の初演に出席していない。オペラの第3作にして最後の試みとなった《グンレート》は、北欧のエッダに基づいているが、作曲者の(糖尿病による)急死によって、未完成に終わった。

作品[編集]

コルネリウスの作品数は比較的少なく、約100曲のリート、23曲の二重唱や、合唱曲(主に男声合唱のための作品)が中心である。多くの声楽曲とすべてのオペラは、コルネリウス自身のテクストに曲付けされている。ピアノ曲も少しく手懸けており、1848年ピアノ・ソナタなどがある。

室内楽・器楽曲[編集]

歌劇[編集]

  • バグダッドの理髪師(2幕のコミック・オペラ、1855年1858年作曲、1858年12月15日初演、於ヴァイマル)
  • ル・シッド(3幕のリリック・オペラ、1860年1865年作曲、1865年5月21日初演、於ヴァイマル)

合唱曲[編集]

  • ドリア旋法の定旋律によるミサ曲の試み(Versuch einer Messe über den Cantus firmus in der dorischen Tonart)、混声四部合唱とオルガン (1852年)
  • 3つの合唱曲(3 Chorgesänge)作品11 (1871年)
    • 死、そは冷たき夜(Der Tod, das ist die kühle Nacht)混声四部の二重合唱(詩:ハインリヒ・ハイネ
    • An den Sturmwind)混声四部の二重合唱(詩:リュッケルト)
    • 若さ、笑い、そして恋(Jugend, Rausch und Liebe)混声六部(詩:リュッケルト)
  • 3つの男声合唱曲(3 Männerchöre)作品12 (1872-3年)
    • 老兵(Der alte Soldat)テノール6、バス3 (詩:ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ)
    • 騎士の歌(Reiterlied)二重合唱(両陣ともテノール2部とバス2部)(詩:同上)
    • (Der deutsche Schwur)(テノールとバス各2部)(詩:コルネリウスの自作)