ペータース (出版社)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペータース刊のベートーヴェン・ピアノソナタの楽譜(1890年頃)

ペータース (Peters) は、ドイツ発祥の楽譜出版社である。ドイツのライプツィヒフランクフルトイギリスロンドンアメリカニューヨークに拠点を持つ。

1800年、ライプツィヒにて、作曲家フランツ・アントン・ホフマイスターアンブロジウス・キューネルによって、ホフマイスター・ウント・キューネル・ビュロー・ドゥ・ミュジック (Hoffmeister & Kühnel, Bureau de Musique) として創立。1814年カール・フリードリヒ・ペータースに買収され、社名がC.F. Petersになる。

1939年に創業者のヒンリクセン一族はナチス・ドイツに会社を没収された。戦後に返還されたものの、1950年に東ドイツドイツ社会主義統一党によって再び国有化される。これにより、ペータース社はフランクフルトへと移転し、ライプツィヒの店はVEB Edition Peters(VEBは「人民所有企業」の意)となった。

結局、ドイツ再統一後の1993年にヒンリクセン一族はVEB Edition Petersを再び取り戻すことができた。

Edition Petersは、1867年に創設された一連の楽譜編纂に由来する。それらは、今でも通例特徴的な表紙で示されている。

関連会社として、コレクション・リトルフ社 (Collection Litolff)、シュヴァン社 (Schwann Verlag)、C.F. カーント社 (C. F. Kahnt Musikverlag) がある。これらは、Petersilien(パセリの意)という愛称で数十年来の協業関係にある。

外部リンク[編集]